聴いてよかった話

普段聴いているPodcastのひとつ、「社長Talk」で、ちょっといい言葉に出会った。

ゲストで話されていたのは、マンツーマン英会話でおなじみのGABAの社長。

文字通り、1対1でのレッスンを基本として「英語を話せるようになる」ための機会を提供しているこの会社。受講生の声を聴いた中で、うまく成果を上げている人の特徴として、こんな言葉を上げていた。


自分で自分のレッスンをプロデュースする。


「主体性をもって取り組む」と言うと、お道徳のような当たり前の話として、受け入れがたくなることもあるが、「自分でプロデュースする」という言い方には、少しワクワクする感じが持てる。

仕事にしてもスポーツにしても音楽にしても、「今日はどんな課題を持って取り組むか」を意識せず、一つ一つの動作をただ繰り返すだけでは、得るものは少ない(もちろん、ゼロではないと思うが)。

当たり前のことだからこそ、すぐに忘れてしまいそうな大事な話を思い出させてくれた。
[PR]