c0068901_21364153.jpg


2014年2つ目の本番として、合唱団「そら」のメサイア全曲演奏会で歌ってきた。

この合唱団は、活動拠点にしている訳ではなく、今回メサイアを歌う、ということでエキストラ
出演を申し入れた。

毎年メサイアかバッハのミサ曲ロ短調を歌っている、という、取り組み姿勢は素晴らしい合唱団。

今回のメサイアは、合唱団として20回目とのこと。

私の今の生活の地、徳山でも、毎年のようにメサイアを歌い続け(抜粋版の年もあるが)、昨年が22回目だった。

こうした大曲を継続して歌い続けることには、心から敬意を表したい。

もちろん、「数多く歌ってるんだからもっと歌えてもいい」と思う点もある。私が活動拠点とする合唱団なら、色々とテコ入れしようと動いたことだろう。

私自身は、抜粋版を含めて今回が4回目のメサイアとなる。歌うたびに気づきがあるし、歌い手としてもっと磨きをかけた上で上質な演奏をしたい、と思える。今回歌い終わった後に残った思いもそれだ。もっと己に磨きをかけて、チャンスがあれば合唱だけでなくソロにもチャレンジしたい。

大半の曲は、一度歌えば「もういいや」と思うが、メサイアは何度でも挑みたい曲。そして、挑むごとに更なる高みに到達したい。

また明日から、自分なりの努力を積み重ねていこう。もっといい歌を歌えるためにも。
[PR]
# by h-katopon | 2014-02-23 21:45 | 音楽
「放した馬は捕まえられるが、放した言葉は捕まらない」
「百歳の人はいないが千年の言葉はある」

モンゴル人の格言として、2月21日の日本経済新聞「春秋」に紹介されていた。

引越しのシーズンにかけた話題。
年に4回も移動するモンゴル人が、物に執着のない代わりに言葉を大切にすることをあらわしたものだ。

「春秋」は、物に着目し、自分にとり何が本当に必要かを問う好機と結んでいる。
それはひとつの気付き。

「断捨離」という言葉も一時期はやったが、「それ、本当に持ってる必要がある?」という厳しい目で、自分の持ち物の棚卸しをしなければならない。

私にはもうひとつの気付きがある。
ことばに着目し、「放した言葉は捕まらない」も胸に刻まねばならない。

折りしも、「神の国」の発言をされた方が、今度はソチ五輪のフィギュア団体に言及した発言が取りざたされている。今回のコラムも、暗にそのことに触れたかったのかもしれない。

自分の言葉を外に発する機会が増えている昨今。
不用意な発言は、あっという間に広まるばかりでなく、揚げ足を取りたがる者の格好の餌食になってしまう。

SNSでの仲間同士のやりとりでは、テンポよくレスポンスをすることが重視されるという話を以前聞いたことがある。
スピードを重視するあまり、言葉を発した後に起こりうることまで見えてない、ということはないだろうか(あるいは見えていても軽視しているか)。

自分は大丈夫か? ついハッとなった金曜の朝であった。
[PR]
本を読むのは好きである。

通勤の車の中や、ウォーキング中に聴いているPodcastでも、本を紹介する番組が含まれているし、休憩と称して本屋に寄っては、ついつい20分~30分ほど過ごしてしまう。

そして、気になった本は、ついつい買ってしまう。
家に帰れば、読まれるのを待つ本、聴かれるのを待つオーディオブックが多数あるのだが、買う場面でその事実から目をそらしている。

更に悪いことに、帰ってからすぐに読めばいいのだが、買ったことで満足してしまい、ページがめくられない。そんな本が我が家には多数ある。

今住んでいる家は、それほど豊富に保管スペースがあるわけではない。また、「お互いが持ってきた本棚に収まるぶんだけ」という在庫上限に関する申し合わせもあるのだが、私はその申し合わせを逸脱してしまっている。

さすがにこの状態はまずい、と思い、先週あたりから、意識して本を読む時間を作っている。
新たに気になる本もあるが、今は買うのを少し我慢して、「気になる本」として手帳に書き留めている。

今日のウォーキングでは、新書1冊を聞き終える(倍速で2時間)ために、わざわざウォーキングの距離を伸ばした。歩いた距離が、久々に10kmを超えた。毎日このような真似はできない。細切れ時間で少しずつでもいいから、本で出来上がった土手を切り崩して行こう。
[PR]
2月14日。

ヴァレンタインディだからと、「自分にチョコをくれる人、誰かいるかな」などとそわそわしていたのは、遠い過去の話である。

一度、2月14日が誕生日の女性とお付き合いしてからは、世間とは違って「自分が何かプレゼントする日」として自分の頭にインプットされている。確か、ほかの国では、2月14日に男性からプレゼントする習慣もあると聞き、その女性と別れた後も、「2月14日は”もらう日”ではなく”贈る日”」という意識は消えずに残っている。

今年は4日前倒しでプレゼントした。「ヴァレンタインデーにチョコを贈る」のを根付かせたのは日本のチョコレート業界(Mで始まる有名店)だから、それには逆らおうと思いつつ、結局選んだのは、地元の洋菓子店で作っているトリュフチョコ。

こういったイベントの時に限らず、日ごろの感謝の気持ちや愛情を、物に託したり言葉で贈ることを、日ごろから心がけねばならないな、と反省している、ヴァレンタインディ3日前の夜であった。
[PR]
Men's Vocal Ensemble "寺漢" 第4回定期演奏会。

本日、約200名のお客様にご来場いただき、終演した。

無事に終わった安堵感と、もっといい歌を歌えるよう頑張らねば、という思い。

演奏会が終わったときに残るのは、この2つ。今回もそうだった。

「良い音楽ができたな」という感触を残したステージもあった。

最終ステージの「雨ニモマケズ」(鈴木憲夫)。

音に表情が感じられた。

こうした、曲に合わせた表情付けがどんな楽曲にもできるようになれば、団としても一歩前進だろう。

表情付けだけではなく、発声の基本的な部分にも課題はある。

しかし、その課題は克服できると信じている。

もっといい歌を歌えますように。
[PR]
# by h-katopon | 2014-01-19 23:04 | 音楽
今の生活で、足としてなくてはならないのがクルマ。

今乗っている愛車は、11年半前に購入したもので、走行距離は94,000km。そのうち68,000kmは、山口県に移り住んでからの5年で稼いだ走行距離であり、大阪時代に興味を持って買った割には乗ってなかったな、と反省しきり(まぁ、週末にしか乗れなかったしなぁ)。

最初は走行距離100,000km達成を区切りに買い換えるつもりだったが、やはり消費税率が上がる前の方がよかろう、と、急遽買換の検討に着手した。そう、いわゆる「駆け込み需要」の流れに乗ってしまったわけである。

実は、買い換えの候補はだいぶ前から決まっていた。本命1車種と対抗1車種。

本命の車種は、実用性を考えながらも「運転する姿を想像してワクワクするもの」という基準で選んだ。

一応対抗の車種も選んでいたが、心は「本命」に決まっていた。

しかし、昨日試乗に出かけたところで、自分でも思いも寄らぬ逆転劇が起こった。

「本命」は、試乗した時に、後方の見通しの悪さが気になった。
写真を見た時からわかっており、雑誌でも注意ポイントとして挙げられていたこと。それが許容範囲かがチェックポイントだったが、懸念すべき点として残った。

続いて別の販売店に移動し、「対抗」に試乗。外見や走りは「本命」に譲るが(それでもスタイルは悪くないと思っている)、後ろ方向の視界の良さにホッとしながら運転していた。

かくして、「対抗」は「本命」に格上げとなった。

靴を試履きするのと同様、足代わりとなるクルマも、試乗を通して得た感触が大事だと認識した。

さて、私が何を選ぶか? それは、この後契約を進め、晴れて納車となった時の写真公開までお待ちくだされ。
(Facebookでは既に答えを出しているが  ^^;)
[PR]
c0068901_1439153.jpg


皆様 あけましておめでとうございます。

2014年がスタートして、もう半日が過ぎました。
関東地方は、例年通り(?)の穏やかな天気の中での新年となりました。

私は、朝起きて初詣→朝食に雑煮を食べる→ニューイヤー駅伝観戦、という、お決まりのコース(!)で元日を過ごしています。この後、夕食を取りながらVPOのニューイヤーコンサートをテレビで鑑賞、というのが、元日の過ごし方の定番でございます。

どんなことも丁寧にこなす。「ちょっとやってみようかな」と思ったことは、できない理由を探して躊躇するのではなくまずはやってみる。2014年はそんな姿勢で毎日を過ごしていくつもりです。

本年も私のひとりごとにお付き合いくださいませ。

katopon
[PR]
ザ・シンフォニーホールでの「二十一世紀の第九」が終演してから、2日が経ちました。

佐渡裕さんが指揮をされた頃に比べると、空席も増えているような気がしますが、客席は、ほかの演奏会ではなかなか見られないほど熱心なお客様で埋められました。

この演奏会で、いつも「ありがたい」と感じるのは、カーテンコールの後、いったん止んだ拍手が、合唱団退場の時に再び起こることです。

このお客様の温かい思いに、歌でどれだけ応えることができたか。

年を越しながらしっかり振り返るつもりです。

=====
終演後、なにコラの練習に参加し、来春の演奏曲をさらったところで、2013年は歌い納めとなりました。

「一人で歌った時に、『いいね』と思って聴いていただける歌い手になりたい」私の目指す姿はそこにあります。

一方で、独唱の機会はほとんどなく、合唱をやっているのだから、周りの声と調和を取りながらパートとして、あるいは団として一つの音を編んでいく姿勢も忘れずに持たねばなりません。

この2つを実現させるために、これからも練習に励みます。

=====

このエントリーをもって、2013年の書き納めといたします。

更新頻度が落ちている中、辛抱強くこのBlogをお読みくださいましてありがとうございます。

2014年も引き続き、Blogタイトルにもなっている「Go Extra Mile」の精神で、毎日を精一杯生きていきます。なにとぞお付き合いください。
[PR]
# by h-katopon | 2013-12-30 16:43 | 音楽
仕事は12月26日で一区切りさせ、今日(27日)は有休をとり、年末年始休暇に入った。

歌の方は、明けて12月28日に、本番が一つ、練習が一つ入っており、それが今年の納めとなる。

歌い納めとなる本番は、昨年も出演した、ザ・シンフォニーホールでの「21世紀の第九」。

昨年は、歌い始めに立ち上がった瞬間、喉にひっかかるものを覚え、十分な歌い方ができず悔いを残した。

ことしも、万全とは言えない調子だが、1年歌い続けることができた喜びを、きちんと歌に乗せてホールに響かせたい。
[PR]
# by h-katopon | 2013-12-27 22:56 | 音楽
日本漢字検定協会が、今年の世相を表す漢字を発表した。

今年、清水寺で書かれた文字は、「輪」だった。

2020年五輪の東京招致を受けてのことかな、と即座に思った。

私が予想してたのは、「水」。
7月の萩市(須佐)、山口市(阿東)での豪雨による被害、9月の台風、そのた諸々の台風や豪雨により、被害にあった箇所は多いと記憶している。それを受けての選択だった。タイミングを逸して応募しなかったが。

では、自分一年間を表す一字は何だろう。

今、思い当たるのは「省」。

年初めの突然の異動で、自分のこれからのキャリアを考え直すようになったこと。

自分が歌った録音を積極的に聴き、自分で認識してた声とのギャップの大きさに落ち込みながらも、自分の現実に向き合おうとしたこと。

年間累計距離が1,500kmとなったウォーキングのさなか、数々の音声Podcastを聴きながら、先人の人生に触れると共に自分とじっくり向き合っていたこと。

それがあって選んだのが「省」である。

来年は、もっと前向きなニュアンスを持つ字を選べるよう、今後も「Go Extra Milea(もう一マイル行こう)」の精神で目の前で起こる色々な出来事と対峙していこう。
[PR]