<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今月13日、日本漢字検定協会が選んだ今年を表す一字は「税」だった。

いつもは、それに合わせて自分にとっての一字を投稿するのだが、今年はやっていなかった。

今、遅ればせながら選ぶとすると、「転」。

社会人になって20年。これから心機一転、の意味もあるし、これまでやってきたことで、転換の必要も生じている。それが選定理由だ。

その転換により、2015年は取り巻く環境が大きく変わっていくが、このBlogのタイトルの通り「Go Extra Mile」の精神を忘れずに、精一杯生きていこう。

更新頻度が下がり気味のBlogにお付き合いいただき、ありがとうございます。

今後もマイペースな更新が続きますが、よろしくお付き合いください。

そして、来る2015年が、皆様にとって「よかった!」と思えることが一つでも多く積み重なる年でありますようお祈り申し上げます。
[PR]
c0068901_205682.jpg


c0068901_2056959.jpg


2014年の歌い納めは、地元徳山での出番であった。

徳山カトリック教会で行われる、メサイアを中心とした演奏会。
例年は11月の最終週に行われるのだが、今年は12月に入っての開催となった。

今年は、オーケストラは付けず、メサイアは合唱を中心とした抜粋版。
その代わり、クリスマスにちなんだハンドベルや合唱曲を織り交ぜたプログラムであり、その中で寺漢もゲスト出演の機会をいただいた。

毎年感じることだが、この演奏会のお客様は、本当に熱心に聴いて下さる。
今回も、そうしたお客様に支えられて、無事に終演することができた。

寺漢の単独ステージでは、久しぶりに長いソロを歌った。
こちらについては、何とか歌い切れたが、まだまだ上手くならなければいけないな、と痛感している。

演奏会前日のゲネプロをビデオで録ったので、自分の歌う場面を見ながら、何をどう変えていくかを検討、試行していこう。


聴きに来てくださった方、演奏会を裏で支えてくださった徳山カトリック教会の皆様に心よりお礼申し上げます。
[PR]
by h-katopon | 2014-12-15 20:55 | 音楽
テレビを観る機会が、めっきり減っている。

今は、朝、仕事へ出かける前に仕度をしながら時計代わりに見る(流しておく、という方が正確かも)のと、夜、一息つきながらちょっとだけ見る。いずれもニュース番組だ。

もちろん、報道されている内容にも注目するのだが、最近、気に留めるようになったものがもう一つある。

画面に登場する男性のスーツ姿だ。

色、柄の選び方、シャツやネクタイとの組み合わせ方、ネクタイの結び方、などなど・・・。

私自身は6年前から仕事でスーツを着る機会がなくなったので、画面の向こうでの着方を参考にする、ということではなく、「あ、これいいね!」「これはいまいちだなぁ」などと自分の好みに照らし合わせて楽しんでいる。

見ながら感じるのは、たとえばこんなことだ。

・ネクタイの結び目を大きくする、という傾向が何年か前からあるようだが、ちょっと結び方を間違えれば、だらしなくも見えてしまう。

・私がネクタイを締めるとき、いかにうまくディンプルを作るかを、男性ファッション誌を見ながら家で何度も練習したものだが、最近はディンプルを作らないのが主流か・・・。


気が付けば、ニュースの中身よりも、キャスターのスーツの着こなしにばかり意識がいっている。

私が好印象を抱くのは、模様がうるさくないシンプルなもの。

日本の番組ではなかなかお目にかかれず、NHK-BSでやっている海外のニュース番組で出てくるキャスターにその姿が多い。とりわけ、フランスF2のキャスター(名前まではわからない)が、スーツ、シャツ、ネクタイともに柄のないものを使いながら上手く合わせている、という印象である。

スーツを着なくなったことに加え、クルマでの通勤になったことから、平日に着るものに、周りが見た時にどんな印象をもたれるか、という意識がすっかりなくなってしまった。センスのある着こなしはできないが、くだけすぎないように、ということだけは忘れずにいよう。
[PR]
直前になってしまいましたが、今年は徳山で歌い納めをします。


徳山カトリック教会クリスマスチャリティーコンサート

■日時 2014年12月14日(日) 14:30開演(14:00開場)

■会場 徳山カトリック教会
  山口県周南市毛利町1-6
  http://www.ccsnet.ne.jp/~cor-j.m/tokuyama.htm
  ※JR徳山駅から徒歩約10分

■チケット 大人 2,000円 学生 1,000円 (当日は500円増)

 ご用命は 0834-21-1604(徳山カトリック教会)
 または 090-4696-5779(野村様) まで

■プログラム
第一部
・ハンドベル演奏 by グロリア・リンガーズ

・ハンドベルと混声合唱による Nativity Carol
 (グロリア・リンガーズ&徳山メサイア合唱団)

・Men's Vocal Ensemble "寺漢"単独ステージ
 Gaudete(フィンランド聖歌集Piae Cantionesより)※編曲:Michel McGlynn
 Noel Nouvele(中世フランスのクリスマス聖歌)※編曲:Michel McGlynn
 Jingle Bells ※編曲:Michel McGlynn

・寺漢と徳山メサイア合唱団による合同ステージ
 E.Magi(エストニア 1922~) / Jouluohtul(クリスマスの夜)
 J.Sibelius(フィンランド 1865-1957) / Jouluvirsi(5つのクリスマスの歌)から“En etsi valtaa, loistoa(私は求めていない)”

・児童合唱も交えてのステージ
 The First Noel(混声+児童)※編曲:Michel McGlynn
 Away in a Manger(混声+児童)※編曲:Michel McGlynn
 Stille Nacht(しずけき) (児童+混声) ※編曲:Hanns Miessner


第二部
ヘンデル「 メサイア 」より
 合唱 徳山メサイア合唱団(寺漢からも有志が出演します)

-----
指揮   寺沢希


今年は「メサイア」が抜粋での演奏となるため、クリスマスにちなんだ曲をたくさん揃えての演奏会。

しかも、地元の「徳山メサイア合唱団」への賛助だけでなく、寺漢としてお招きいただいての演奏もあります。いい音楽で会場を包めるよう、しっかりと準備をしてまいります。
[PR]
by h-katopon | 2014-12-10 22:18 | 音楽