<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

現状を把握し、理想の姿やあるべき姿(または、ありたい姿)とのギャップを分析する。

そのギャップを埋めるために講じる策を練り、実践する。

問題解決での基本はそこにあり、仕事の進め方の基本にもなっている(時折、それがうまくいかない自分がいるのだが・・・)。

仕事だけでなく、歌でも同じ。

そして、上記のアプローチが、歌でできていなかった。というより、避けていた。

まずは、「自分の声を知る」こと。

先日の合唱団の練習を録音し、聴いてみた。

時折聞こえる「これ、誰?」と思う声は、実は自分だった。

そして、それは、自分自身に聞こえる声と全く違うものだった。

練習を欠席したメンバーの自習に役立てもらうよう実施している練習の録音。

実は、一番聴くべき人物は、その録音に声を残した自分自身だったことに気付いた。

これを、もっと良くしたい。

では、どの方向に良くするか。

アンサンブルの土台作りに徹する声か、ソロでも一目置かれる声を目指すか。

当面は前者。最終的には後者だな。
[PR]
by h-katopon | 2013-08-26 21:38 | 音楽
ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の年3度の大型連休。

この過ごし方は、ほぼ固定している。

それぞれの実家への帰省である。

TwitterやFacebookでつながってる方には、そのたびに乗る列車や乗車券などの投稿をして「またか!」と思われてるかもしれない(でもついつい毎回アップしてしまう)。

今回の盆休みも、いつも通りそれぞれの地元に行ってきた。

そして、今回いつもと違うのは、普段なら2~3泊する私の実家に、1泊しかしてこなかったこと。

父が病気の治療のため、毎日病院通いしているからだ。それを配慮して私の地元(東京も含む)の滞在期間を短くした。実際会ってみると、見た目は普段通りで元気そうで、夫婦でも「もう1泊しても大丈夫だったかな」と話していた。

大阪に行ってからは、「お墓めぐり」をした。京都で2箇所、大阪で1箇所。京都のうち1箇所は、いずれ私の両親が入る墓である。

今後京都訪問の際には、今回は見送ったVAN先生のお墓も含め、京都だけで3箇所のお墓参りをすることになる。

合間に、東京では代官山・白金台・銀座、大阪では淀屋橋・堂島・梅田をそぞろ歩きしながら、3泊4日の帰省旅はあっという間に終わった。

その分、徳山で過ごす期間が長くなった。これも、車検、地元での県合唱コンクール鑑賞、広島での練習であっという間に過ぎていった。

ミンミンゼミが鳴き始め、その他の蝉の鳴き声もどこか力がないように感じる。気温は相変わらず高いが(といっても東京や大阪よりしのぎやすい)、夏も終わりが近づいているようだ。
[PR]
by h-katopon | 2013-08-19 12:29 |
『日々の稽古は、決して楽しいものではない。
しんどくて、「今日はやめよう」と思うこともある。
それを乗り越えて「(稽古に)行くか」と腰を上げるところから、実は稽古が始まっている。』


武道を習っている知人が、その師範から聴いた話として教えてくれた。
記憶があやしいところもあるが、こんな趣旨の話だった。
(すでにこの時点で私の脚色が始まってるのかもしれないが)

「第一歩を踏み出すことが一番エネルギーが要る」ことは、これまでに読んできた本でも書かれていたのを覚えている。

この「第一歩」は、新しいことを始めるときでも、また、しばらくやめていたことを再開するときでも当てはまる。卑近な例だが、最近、風邪で体調を崩しており、日課のウォーキングを休んでいた。今日、「軽くでいいから再開しよう」と復帰の第一歩を踏み出した(大げさか・・・)のだが、やはり心のどこかで「もうちょっと体調戻るまで待とうよ」とささやく自分もいた。

足踏みしているよりは、とにかく前へ進む。「この道違うな」と思ったら、そこで引き返すなり立ち止まって軌道修正すればよい。
[PR]
古くから言われてきたこの一言を実感として思い知る週末となった。

喉の様子が急におかしくなってきたな、と思い始めたのが、先週火曜日。

それから、徐々におかしくなり、この週末には喉以外の風邪の症状まで出てしまった。

土日ともに夜に予定されていた練習は、木曜の段階で欠席を決めた(日曜の練習は中止になったらしいが)。

2日間、ちょっと用事を足しに出かけたくらいであとは家でゆっくりと過ごしていた。

体調を崩すと、飲み食いするものの味もあまりおいしく感じられないし、思考もどちらかというと後ろ向きになってしまう。

普段なら、後ろ向きの思考になってもそれを軌道修正して改善するために自分がどう動くかを考えるたり、物事のいい面に視点を切り替えることができるのだが、どうも今日はそれがうまくできない。

全てを体調崩したことを理由にはできないが、やはり、体の健康を崩すと心もあまり良くない状態になってしまうようだ。少なくとも私にはそれがあてはまる。

今日思いを巡らせたことは、一晩寝かせて、いや、体調が回復した時にもう一度思考してみることにしよう。

今夜の段階では、行動にまで結びつけずに置いておくことにする。
[PR]