<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先週に引き続き、広島の映画館でオペラ鑑賞。

今シーズン12作が予定されているライブビューイングも、折り返しの7作目になった。

今回の作品「トロイアの人々」も全く内容を知らなかった作品。予告編で大きな馬のオブジェが登場するのが「何故だ?」と思っていたが、今日鑑賞したことで分かった。そうか。トロイの木馬か。。。^^;

先週の「アイーダ」に続いての大作。合唱が何と110人。しかも、舞台の上で、裏で、その出番も多い。上演時間も、休憩を挟んで5時間強(!) 公演できる劇場も限られているらしく、METでも2003年以来2度目になるそうだ。

作品の紹介は、こちらのサイトに譲る。

事前に注目していたのは、カルタゴの女王ディドーを演じたスーザン・グラハム。以前に歌曲のCDを聴き、アリアを楽しみにしていた。期待通り、素晴らしい歌を聴かせてくれた。

そして、それを超えて「素晴らしい」と感じたのが、トロイアを追われたどり着いたカルタゴの地でディドーを愛しながら、最後は使命を果たすべくイタリアへと去っていくアエネアスを演じたブライアン・イーメル。当初は別の歌手が出る予定だったが、降板し(事情はわからないが)、急遽出演が決まったそうだ。今回の上映は今年の1月5日の公演。代役が決まったのは、昨年のクリスマスイブとのこと。別の場所で歌った経験があるとはいえ、短い間によくぞ準備ができたものだと感心してしまう。

端役を含め、どのアリアも素晴らしかったし、音楽自体が、「おっ!」と思わせる展開があり、5時間の長丁場を飽きずに観ることができた。(もちろん疲れたし、お尻も痛くなったが 苦笑)

次は、2週間後。演目はドニゼッティの「マリア・ストゥアルダ」。これも未知の作品だが、今から楽しみだ。
[PR]
by h-katopon | 2013-01-26 23:35 | 音楽
先週末の「レ・ミゼラブル」に引き続き、この週末も再び映画館に行ってきた。
先週は下松、今週は広島と全く行き先が違うのだが・・・。

お目当ては、METライブビューイングの「アイーダ」。
ここのところ、3週連続で演目を並べてくるライブビューイング。先週の現代版演出の「仮面舞踏会」を見損ねただけに(要は広島での上演開始に間に合うように起きられなかったのだが ^^; )、今回は見逃すまい、と思い、広島まで車を走らせた(駅伝の交通規制からは、往復共に免れた。よかった。。。)。

恥ずかしながら、筋を全く理解しておらず、前回「テンペスト」を観に行ったときに購入したプログラム(ライブビューイング12演目全てが紹介されている)でちょっとだけ予習していざシアターへ。凱旋の合唱ばかりが有名なこの作品。実は三角関係が中心、なおかつ結末は悲しく、静かに終わっていくものだったのだと、今回初めて知った。

最も印象に残ったのは、アイーダ役のリュドミラ・モナスティルスカ。今回がMETデビューという。2011年の英国ロイヤルオペラの「アイーダ」に、代役で出演したのがきっかけで世界の注目を浴びた人、と紹介されていた。今回のどのアリアも聴きごたえ十分。声に太さ(重さといった方がいいか?)があり、大合唱をバックにしても存在感のある声で歌いあげていた(もしかしたら、マイク調整などしてるのかもしれないが)。

ラダメスを演じるのはロベルト・アラーニャ、アムネリスを演じるオルガ・ボロディナ。METではおなじみとなっているこの2人よりも、(役柄もあるが)舞台上で存在が光っていた。

専らライブビューイングやテレビ中継でのフォローしかできないが、注目していきたい歌手がまた一人増えた。
[PR]
by h-katopon | 2013-01-20 23:00 | 音楽
12月から公開されている「レ・ミゼラブル」。

ミュージカルをそのまま活かす形で制作した、ということで、普段はあまり映画を観ない(METのオペラを観に行くのは別として)私だが、映画館に足を運んで鑑賞した。(鑑賞して一週間経ってから本稿を書いている。)

東京で1回、ロンドンで1回ミュージカルを観、その後の10周年記念コンサートを録画して何度も観て擦り込んでいた私としては、シーン作りは「見事」と思ったが、それ以外は今一つ、という感想である。

特に、それぞれの役どころの聴かせどころとも言えるソロ曲。心の中で「えーっ!」と叫んだ場所が何箇所もあった。まぁ、ミュージカルと違い、歌を本業としてはいない方々だったろうから致し方ないか。

やはり、舞台で観るミュージカルと映画は別物、きちんと線引きして「全く知らない新しい作品を観る」という意識で観なければならないな、と改めて実感した。
[PR]
by h-katopon | 2013-01-20 21:34 | 音楽
先月30日の「21世紀の第九」でのこと。

客席最前列に、うっとりとしながら曲を聴いている女性がいた。
その方は、華やかな色の和服を召していた。

この時間を楽しむために、昨日までは大変な苦労をされてたのかな、などと、想像(若干妄想もあったかもしれない)しながら自分の出番を待っていた。

そして、「この方をがっかりさせるような演奏をしてはならない。歌が入ったらもっと笑顔になってもらいたい」とも。

その結果が、個人レベルで惨憺たるものだったのは、前稿のとおりなのだが。

出演する側も、貴重な時間を割いて練習を積み重ねているが、客席に座る方々も、貴重な時間とお金を割いて聴きに来てくださっている。

その人たちを前にした演奏で「ブランクがあったから」「忙しくて練習できなかったから」などと、演奏する側の都合で勝手な言い訳をしてはならない。しかも、その言い訳は、(少なくとも自分の過去の状況を振り返るに)努力の時間、練習の時間があったにも関わらずできなかった(やろうとしなかった)ことがほとんどである。

もちろん、心身ともに常に万全とはいかないだろう。そんなときでも、最低限聴いていただいて恥ずかしくない演奏をする。こんなことを書いている時間があったら、実践実践。(汗)
[PR]
by h-katopon | 2013-01-06 21:49 | 音楽
私の「ひとりごと」にお付き合い下さっている皆様

新年明けましておめでとうございます

って、既に年が明けてから5日過ぎてしまいましたが。(苦笑)

既に通常業務に戻られている方も居られるでしょうし、週明けからの社会復帰(!)に憂鬱になっている方も居られるかもしれません。

私は、埼玉の実家で年を越してから3日に徳山に戻り、4日は山口県内をドライブ(あ、関門橋を渡って門司港にも行ったっけ・・・)し、5日の休日出勤(汗)から通常モードに戻っています。

仕事の上では、突然の異動に伴い変化を迎える2013年。まずは、与えられた場所で完全燃焼すべく、腰を据えて新たな業務に取り組んでいきます。

但し、元の仕事でもしっかりフォローしなければならない重たい案件が残っていることもあり、歌は当面広島での活動に絞るつもりです。何とか早くペースを掴んで、大阪にも歌いに行かれる時間を作れる状態に持っていきたいと思っています。関係者の皆様、ご容赦下さい。

「一日一生」「Go Extra Mile」が、引き続き、自分に対する合言葉です。

それを実践していることを、このBlogでの「ひとりごと」から実感いただけるよう、一日一日を丁寧に生きて参ります。

本年も何卒よろしくお願いいたします。
[PR]