<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日は人生について熱く語ります。


と言いたげなタイトルをつけてしまったが、我が体重の話である。

長いスパンで増えたり減ったりしている我がウエイト。このBlogを書き始めた頃からみても、「二度目の下山」をしているのが今の状態である。

Blogを書き始めたのは2005年2月。いろいろあって増えてしまったウエイトをなんとかせねば、と思い、リフレッシュ休暇を使って体験したファスティング。そのことを書いておこう、というのがこのBlogのスタートだった。

そのときが、一度目の下山。その後、酒を完全に断ったりして、そこそこの水準まで落ちた(と言っても今より数段重かったが)。

下山から登山(笑)に転じたのは、2007年頃から。ジム通いをしたり、帰宅してから4kmくらいウオーキングしていたものの、帰宅時間、そして夕食の時間が遅くなってしまったことが増加に転じてしまった。そして、突然の山口県への転勤通達に伴う自宅での飲酒量増加がとどめを刺した。

再び下山のルートに転じたのは、結婚がきっかけである。自分でも意識していなかったが、周りから「痩せたんじゃない?」「顔が小さくなったね」と声がかかるようになってから体重計に乗ってみたら、確かに減っていた。一旦安定期も過ごしたが、職場の健康保険組合が外部と契約して導入したプログラムに乗って、今はまた下山を再開している。

いわゆる標準体重には、まだまだ道のりが長いが、せめて、「身長-100」のレベルの体重までは落としたい。そして、体重での「山」「谷」はもう経験したくないから、何とか減らしたところで「平地状態」を作りたい。

それにしても、体重のみならず、人生いろいろなことで山あり谷ありだなぁ、と、自分のここまでの41年半を振り返ると思わずにはいられない。
[PR]
山口県柳井市は、白壁の街でもある。

c0068901_18295067.jpg


それは前から知っていたが、これまで訪れるチャンスを作れずにいた。

あいにくの天気ではあったが、却って白壁が映えて見えるな、とも感じた。


時折バスで訪れる観光客がいるが、大賑わい、というほどではなく、そぞろ歩くにはちょうど良い。

===

この街並では、柳井の名産を知ることもできる。

そのひとつ。金魚提灯。
c0068901_1831277.jpg


そして甘露醤油。
c0068901_18313361.jpg


こちらの蔵では、醤油の製造工程を見ることができる。

今日は、熟成中の醤油が置かれている甕を見るだけだったが、蔵の内外に、その醤油のいい香りが拡がっていた。

惜しむらくは、名産と言われる甘露醤油、原材料を見ると人工的なものも含まれていること。昔ながらの作り方は、もうできないのかなぁ、と、ちょっと残念な気持ちになった。

===

山口県東部で訪れる場所、というと、真っ先に頭に浮かぶのが、錦帯橋のある岩国だが、その隣町にあたる柳井も、訪問地として加えたい。やはり、ひとつ前の記事にした、紫陽花と絡めて、6月がベストシーズンかなぁ。
[PR]
by h-katopon | 2012-06-24 18:38
紫陽花の季節である。

小一時間クルマを走らせて、柳井市に行ってきた。

c0068901_184585.jpg


県内随一とも言われる紫陽花の咲く場所、実は製菓工場の裏山である。

「月でひろった卵」などで知られる「菓子乃季」を展開している「あさひ製菓」の本社工場のある敷地内に、紫陽花が多く咲いており、この時期は「あじさい祭り」と銘打って、ケーキバイキングなどの企画を打ちながら人を集めている。

敷地内の駐車場では足らず、近隣(といっても2キロ近く離れているが)の「やまぐちフラワーランド」にクルマを停めてもらい、シャトルバスでお客さんを運ぶ、という体制を取っている。

「そこまで混むんやろか」と半信半疑だったが、フラワーランドでは60人近い人がバスを待っていたし、会場に行ってみたら、「菓子乃季」の店内・工場(工場を見学できるほか、特設の販売コーナーも設けられていた)、ケーキバイキングの会場、紫陽花園ともに人であふれていた。

紫陽花は、見応えがあった。これまで、大阪に居た頃に万博記念公園で観た紫陽花が、最も見応えがあると感じられたが、それは今日入れ替わった。

敷地内にある茶店で食した茶粥も美味であった。

紫陽花は、まつりのときでなくとも公開されているとのこと。
この次は、人の少ない日を狙って、もっとゆっくり紫陽花を愛でたい。

c0068901_182513.jpg



c0068901_1813942.jpg

[PR]
by h-katopon | 2012-06-24 18:18 |
以前、ここでも書いた、特定健康診断。

http://katopon.exblog.jp/17876220/

今日は、約2カ月経ってのフォローのカウンセリングを受けた。

昼に食べる米の量を控える、仕事から上がってから5km弱を歩く、などの積み重ねで、少しずつ体重が落ちていることは記録して分かっていた。まぁ、酒を飲んだ翌日はどうしても増えてしまうのだが。(^^ゞ

「順調に(体重が)落ちていますね」とのお褒めの言葉をいただき、まずはひと安心。

10月の到達レベルで設定している数値には、まだ5kg落とす必要があるが、この2カ月弱で2kg近く落ちているので達成不可能な目標ではなさそうだ。

注意すべきは、8月の長期の休み。そこでもさぼらずに歩くこと。それだけ気をつけよう。
[PR]
6月8日に、九州北部から東海地方が梅雨に入ったとみられるとの発表があった。

次いで今日(6月9日)、関東甲信越と北陸でも発表。東北地方を除いて雨の季節に入った。
(こう書いている一方、窓に目を向けると、今日の周南市は青空が顔を出している)

梅雨の季節、と聞いて私が最初に頭に浮かぶのが、紫陽花。
今日も買い物がてら少し長めのウオーキングをしてきたが、その道すがら、目では紫陽花のありかを追いかけていた。

京都や鎌倉などが近くにあれば、週末などに名所を巡るという楽しみもあるだろう。
また、大阪に居れば、万博記念公園に沢山の紫陽花が咲いており、この時期は写真愛好家が我先にと綺麗に咲いている花の前を陣どり、シャッターを切る。

そこまで行かなくても、桜同様、家に紫陽花を植えている、というお宅も良く見かける。

そうした家々で、日常の風景を彩る紫陽花が、私は好きである。
期間限定の、歩く時の楽しみができた。
c0068901_13425753.jpg

[PR]
久しぶりに二人ででかけた週末。

買い物のついでに出先でのランチとなった。
立ち寄った店は、「Organic Kitchen Angel」
http://r.tabelog.com/yamaguchi/A3505/A350502/35005499/

イタリアンの店だが、手持ちのグルメ情報によると、シェフはフレンチで修行したとのこと。
また、「有機野菜を使ったイタリアン」と紹介されていたのでそこも期待して店に入った。

頼んだのは、1,580円のパスタランチ。

最初に出てきた前菜の盛り合わせ。
c0068901_1640823.jpg


この盛り付けは、確かにイタリアンよりもフレンチを思わせる。
ちょっとずつ盛られた料理の中に使われている野菜が、オーガニックなのかな。

そしてメインのパスタ。
パートナーが頼んだのは、ピリ辛ソーセージと半熟玉子のトマトソース。
c0068901_16403777.jpg


そして私が頼んだのは、ぷりぷりエビのぺペロンチーノ
c0068901_16405140.jpg


どちらも、日本人に合わせたのか、スパイス、オリーブオイルの使い方は加減されていた。
それが体に優しいかな、と感じた。

メニューを観た感じ、ペペロンチーノを売りにしようとしているらしく、私が発注したもの以外に2種類あった。

最後のデザートは、2品選ぶことができる。私がセレクトしたのは、濃厚チーズケーキと黒ごまプリン。
c0068901_1641153.jpg


正直なところ「有機野菜の」と紹介されている割に野菜は少なめだと感じたが(我が家が普段野菜をしっかり食べてるから外では物足りなく感じるのかもしれない ^^;)、普通に美味しいと感じる店だった。

外食の機会自体が少ないが、ここはまた食べに来よう、と決めて店を後にしたのだった。

私を知る方。我が家に遊びに来たときにはここにお連れするかも知れません。^^
[PR]
by h-katopon | 2012-06-03 16:38 | 食、酒