<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

誕生月に行われる健康診断。

昨年10月は、一昨年に比べると大幅に改善した。

しかし、残念ながら「メタボリックシンドローム予備軍」の汚名だけは返上することができなかった。

そして、その結果、職場が今年度から始めた生活改善プログラムの対象になってしまい、今日、初めての指導を受けてきた。

指導を受けるのは、職場の診療所に来られる産業医ではなく、生活習慣病改善のプログラムを事業としてやっている会社の方。食生活や運動の状況などを説明すると、昨年の時点での改善状況を一応褒めてはいただいたが「ではもうひと頑張りしましょうか」という話の展開になった。

同居人からも同様の提案を受けていたこともあり、半年後に、自分としてはやや高めの目標設定をした。

電話でのフォローやFace to Faceでの指導を定期的に受けながらのプログラム。こうして第三者からの視線を感じるのは、良い刺激(良いプレッシャー?)になるかもしれない。流れに乗ってみよう。

食べる量をちょっと加減することに加え、毎日少しずつで良いから運動の機会を設ける(ちょうどレッグマジックもあるし)。そこから初めていこう。
[PR]
Men's Vocal Ensemble"寺漢" 創立5周年記念 第3回定期演奏会

いろいろ細かい傷は作りましたが、全体としては良い出来(今できるなかでのベスト の意)で終了致しました。

ご来場いただいた皆様、開催に当たりご尽力いただいた皆様、そして私たちメンバーを快く送り出してくれた家族には頭が上がりません。

この演奏会で、ちょっとした部分だけですが、リコーダー奏者のはしくれみたいな役割を務めました。
しかも、先行して買っていたソプラノリコーダーではなくテナーリコーダーで。

今回の演奏会では沢山の傷を作りましたが、いつ来るかはわからない次の機会に備え、自己研鑽を積んでまいります。

大学時代の恩師が語った「もっといい歌を歌えますように」は、しっかり自分の心に刻み続けよう。
[PR]
by h-katopon | 2012-04-22 22:55 | 音楽
今日読み始めた本、イタリア人式楽観思考法で、目に留まった一言があった。

人生、笑顔が一番。笑顔があれば万事解決。笑顔は人生のパスポートなり。

自分が笑顔になるのも大事だし、自分が関わる相手を笑顔にすることも大事。

笑顔にする=笑わせる=人を楽しませる人になる

という公式だけでは、決してないと思う。

楽しい気持ちの時だけではなく、何か安心したときに出る笑顔。これも大事だろう。

相手から安心の笑顔を引き出す。それは、相手から期待されたことを自分がやって安心させる、という、ごく当たり前なことからもできそうだ。

そういう意味でも、常に自問しながら目の前の事に臨みたい。「あなたは、関わっている人を笑顔にしてますか?」と。

本を読み切ったら、また違う思いが出てくるのかもしれないが、冒頭の言葉に触れた今の思いを忘れずにいたい、と思い、書き留めておく。
[PR]
ようやく桜が見ごろを迎えた

山口県の桜の名所、として最初に思い浮かぶのは、岩国の錦帯橋だが(確かに昨春訪れたときの桜は見事だった)、今年は行くチャンスがないのと人ごみがすごかったので避けたいのとで、地元・徳山で散歩しながら桜を愛でた。

地元の情報誌で紹介される、周南市の桜の名所としては、徳山駅から少しあるいた、周南合同庁舎の脇に続く並木道である。まずはそこを訪れた。

c0068901_9455631.jpg

いつもはクルマで通り過ぎるだけなのだが、こうして写真を撮りながら、ゆっくり歩くのもいい。

この並木道の桜の特定の木を使って、面白い試みをしている店がある。

普段からコーヒー豆を買いにお邪魔している、徳山コーヒーボーイだ。

豊富に並ぶストレート豆やブレンドに加え、季節ごとに限定のブレンドを考案して楽しませてくれる。
その名前が面白い。秋なら「月夜の兎ブレンド」、最近出した春のものは「黄色の野花ブレンド」といった趣である。

そして、今は、「黄色の野花ブレンド」に加えて、「さくらブレンド」が店頭に並ぶ。

実はこの「さくらブレンド」、冒頭で紹介した並木道の特定の木の咲き具合に応じて、ブレンドする豆の種類を変えているそうだ。

c0068901_9461148.jpg

上の写真で、中央は1週間前、まだ割き始めの頃に作ったものであり、両端は、満開になった最近作ったもので、花が開いたのをイメージして全体的に軽めの雰囲気になるよう配合・焙煎したそうである。

昨日は、最近作った方を購入。全体的にすっきりした味。それが桜の花をイメージしたものなのだろう。そして、開くまで想像だが、咲き始めの頃は、土をイメージしたか、これから花開かんとする様をイメージしたかで、奥に力を秘めた深い味わいのブレンドになっていたのだろう。

それほど味の違いをわかってコーヒーを飲んでいるわけではないが、こうして楽しみながら飲むコーヒーも良い。

徳山の桜は、おそらく今日(4月8日)あたりが見頃で、あとは花吹雪として風に舞っていくであろう。
辺りが新緑に包まれる時も、もう近い。
c0068901_9462363.jpg

[PR]
今日はエイプリル・フール。

至る所でウソがはびこっている。
クスッと笑える程度で流せるものもあれば、そうでもないものもあるような気がする。

やはり「ウソのつきかた」にもセンスがあるのかな。そんなことを思った一日だった。

かくいう私には、そのセンスは全くない。
今日も、「ウソって、漢字で書くと『口に虚しい』か」という点にかこつけて「口が虚しくなる」からうそなんてつけない」という趣旨のツイートをしてたっけ。それ自体が「ウソ」なのだが(自爆)。

しかし、「ウソから出た真実」なんてこともあるし、実現できていなくても「これを実現したい」というものがあれば、実現したフリをした言動をする、ということも、自分に暗示をかける、という意味では「あり」なのかもしれないな。
ま、それは「ウソ」というよりは「フェイク」なのだが。

周りに対しては、無駄に心拍数を上げない、クスッと笑わせる程度の嘘を一年に一度つき、自分に対しては、「こうありたい」姿をあたかも実現できてるかのごとく振る舞い、後から実態を伴わせるよう必死に努力する。そんな「ウソ」のつきかたなら、ありなのかもしれないな。ふとそんな事をおもった。

少なくとも、自分自身にはウソをついて、今より2~3歩前に前進している「ふり」をして、それを実現できるように自らを改善する努力を忘れてはいけない。自分にはそう言い聞かせよう。
[PR]