<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

気がつけば4月も終わりに近づいている。

晴れやかな空に新緑のまぶしい景色が展開されるかに思いきや、
クリーニングに出そうとしたコートを引っ張り出す日もあるくらい。
その分、桜を長い間愛でることができたのはありがたいが、やはり
なんともおかしな陽気である。

一方で、春を通り越して初夏を思わせる様子も見られる。

昨夜突然に降り出した雨。
それらが地面に落ち始めた瞬間、夏の雨でよく感じる匂いが
私の鼻を包んだ。
焼けたアスファルトの上に雨粒が落ちた時の匂いだ。
(そう考えると全く情緒がないか・・・。)

職場では、なぜか蛙の合唱が始まっている。

やはり、今年の陽気は何ともおかしい。
[PR]
何事においても、チャンスが必ずしも自分の望むタイミングに訪れるとは限らない。

だから、そのチャンスがいつ来ても良いように、常に周到な準備を進めておくことが大事である。

そうやってチャンスをつかんだな、と思えるケースが、身近にあった。

自分でも、そうやってつかんだチャンスは結構あるかもしれない。
[PR]
ガソリン代が、今週に入ってリッター130円台後半をつけるようになった。

私の場合、クレジットカードでの決済で入れており、リッター2~4円の割引になるのだが、その割引幅、今日は2円にとどまった。

原油価格の動きを観ていると、「いずれ上がるな」と予想がつくところだったが、自転車通勤の機会を増やすなど、ガソリンを消費する機会が少なかったことから、価格が上がるより前のタイミングで給油しそこねた。

ドバイ価格で1バレル80ドル台の水準になってしまった原油。そういえば、2年前の今頃は、高騰が始まったところで、最終的に1バレル130ドルくらいまでいったのではなかったかと記憶している。「もし原油価格が200ドルになったら」と、企業の業績への影響が雑誌で試算されてたことが懐かしくも思える。

予測はできず、毎日の新聞に掲載されている数字(=過去の結果)を追いかけるだけだが、今後も気になる動きである。
[PR]
周りの出来ていない部分を指摘するだけなら簡単にできる。

一歩進んで、その出来ていない部分をどうやったら改善できるかまで
きちんと言える人は少ない。

そして、その言ったことの見本を自分で示せる人は、更に減る。

言いっぱなしではなく、自分でもきちんと見本を示せる。

自分の意見に聴く耳を持ってもらうためには、それを目指したい。
[PR]
次に出演する演奏会の御案内です。

なにわコラリアーズ 第16回演奏会

2010年5月9日(日)
13:15開場/14:00開演

一般 2,000円
学生 1,000円


兵庫県立芸術文化センター大ホール
(阪急神戸線 西宮北口駅 下車)

あの日たち(立原道造 詩/北川昇 曲)[関西初演]
カンティクム・サクルム第1集(改訂版)(千原英喜 曲)
なんでもうたおう! ~ アラカルトステージ
オペラ「ポーギーとベス」より(G.Gershwn 曲/福永陽一郎 編曲)


「定期」とはつけておりませんが毎年恒例となっている演奏会です。

いつも足を運んで下さる皆様も、
GW疲れの残っているあたなも、
「母の日のプレゼントどうしよう?」とお悩みのあなたも、

是非、柔・剛ともに兼ね備えたなにコラのサウンドに浸ってみませんか?

チケット御用命の際は、hrhkkato-nc16th@yahoo.co.jpメールをお送り下さい。
(@を半角に変換して下さい。)

皆さまのご来場、お待ちしております!!m(__)m
[PR]
by h-katopon | 2010-04-10 11:39 | 音楽
先日の投稿で触れていた、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」

http://katopon.exblog.jp/13805030/

今年の熱狂の地は、やはり東京と決めた。

先週末から一般発売となったチケットをネットで探したところ、発売二日目にして多くの公演が既に完売となっていた。やはりこの音楽祭の知名度が上がっているのだな、と実感。

そんな中、何とか2日間で5公演のチケットを確保できた。

そして、ちょっとびっくりしたのは、昨年までに比べてチケットの値段が上がっていること。有名な演奏家が一同に会することも要因なのかな。それとも、スポンサーをしてくれる企業数、そして提供してくれる金額が、このご時世で減っているのだろうか・・・。

このGWは、その次の週末に控えている演奏会に向けた準備と、ラ・フォル・ジュルネ、そして、都内で少し前から気になっていた店に足を延ばす。そんな過ごし方で決まりのようだ。
[PR]
by h-katopon | 2010-04-05 23:30