<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

254年前の今日、モーツァルトがこの世に誕生した。

それを知って、久しぶりにモーツァルトの曲を聴いてみたい、と思い、この稿を書きながらレクイエムを聴いている。学生時代は「長い。いつになったら終わるんだろう」としか思えなかったこの曲が、最近は聴いていて心地よくなってきている。歳と共に感じるものが変わってきている、ということか。

そういえば、私が初めてホールで聴いたナマのクラシックは、モーツァルトであったことを思い出した。

東京のベッドタウンに住んでいながら、演奏会を聴きに東京へ、ということは許されなかった我が家の生活。それでも、できるかぎりきちんとしたものを聴かせたい、という両親のおかげで、地元の文化会館ながら何度かオーケストラの公演を聴かせてもらうことができた。そして、初めての客席で聴いたのは、モーツァルトの交響曲第40番だった。

高校時代、我が家にCDデッキつきのコンポが入ったとき、初めて買ったCDも、モーツァルトの交響曲第40番と第41番の入ったもの。要は父のお気に入りだったようだ。

その後、自分でお金を稼ぐようになり、結構な枚数のCDを購入したが、今、保有している中でモーツァルトの作品はたったの6枚。今年はモーツァルトのメモリアルイヤーではないのだが、せっかくだから、今日引っ張り出したCDは、一通り聴いてみることにしよう。
[PR]
by h-katopon | 2010-01-27 23:46
ここしばらくの間、ニュースに取り上げられることの多かった日本航空が、ついに会社更生法の適用を申請した。

日本の翼として回復することを願うのはもちろんだが、それと併せて、どんなことがあっても残してほしいものがある。それは、TOKYO-FM系列の午前零時発の音楽の定期便「ジェット・ストリーム」。

その代名詞で会った城達也さんのナレーションはずっと前に聴くことができなくなり、時代と共に中身が少し変わってきているが、あの番組を聴いて一日を終える人はきっと少なくないだろう。大阪で働いていた頃の私もそうだったし。

今は、残念ながら、日付が変わる前には寝るという生活サイクルになっているし、それ以前の問題として今住んでいる場所ではラジオの電波が入りにくい状態。しかし、また聴ける環境に移った時に、「ミスター・ロンリー」をバックにした「遠い地平線が消えて・・・」のあのフレーズを耳にしたい、と心から思っている。
[PR]
by h-katopon | 2010-01-19 23:07
仕事帰りに、食材を求める買い物客の行き交うショッピングモール。

時は午後6時まであと少し、という頃。客の少ないコーヒーショップで読書していた。
家ではテレビやネットの誘惑がありなかなか読書が進まないことが多い。コーヒーショップは貴重な読書空間となっている。

10分くらい読み進めていたところ、突然甲高い女性の大声が店内に響きわたった。

「くそっ、やかましいな」と読書を邪魔された怒りで一杯の私。しかし、この大声が私に気付きを与えることになろうとは!

その女性(私よりちょっと年上、という感じか)がしきりに聞いていたのは、「カフェ・ラテとカフェ・オ・レってどう違うん?」「そうそう、それからカプチーノってどう違うの?ようわからんわ。教えて!」

言葉遣いや声の大きさ考えろよ、と思いながら耳を傾けていたが、改めて考えてみると、この3者の違いが、自分でもわかっていないことに気付いた。

帰宅後、コーヒー会社のサイトで調べてみると、次のような説明がされていた。

●カフェ・オ・レ
フレンチローストなど深めの焙煎豆で抽出したコーヒーと温めたミルクを同量で合わせたフランス生まれの飲み方。「オ・レ」とは、英語でいうwith milkの意味。

●カフェ・ラテ
エスプレッソを抽出したところへスチームドミルクを入れて作るイタリア生まれのメニュー。イタリア語のカフェ(caffe)はエスプレッソ、ラテ(latte)はミルクの意味。

●カプチーノ
エスプレッソを抽出したところへスチームドミルクとホイップドミルクを注いで作るイタリア生まれのメニュー。修道者がかぶっていた外套(カプチーオ)が語源と言われている。

(UCC上島珈琲のサイトにあるコーヒー用語辞典から引用)

そのコーヒーショップの店員は、上記のような答えではなく、まごつきながら、「当店ではこういう作り方をしています」という観点からの解説をしていた。その説明によれば、カフェ・ラテとカフェ・オ・レは、両方ともドリップコーヒーを使い、ミルクを泡立てるか否かで違いをつけているそうな。説明の仕方だけでなく、作り方自体が上記とは異なるようだ。もっとも、その差がわからない私は「入れ方違うじゃないか、作り直して下さい」というクレームをつけることなど全くできないのだが。

ラテとオ・レとカプチーノの違いのわからない男。普段はブレンドコーヒーをブラックで飲んでいるから、違いはわからなくてもいい。しかし、たまには「何か作り方を変えてるのかな」と、ラテとオ・レとカプチーノを飲み比べてみるのも悪くないかな。

コーヒーショップで大声で店員に質問していた女性は、結局カフェ・オ・レを注文し、近くの席で、静かに飲んでいた。
[PR]
by h-katopon | 2010-01-14 22:23 | 食、酒
通勤時に効いていたPodcastの中で、ふと耳に残ったのが、表題の言葉。

昨日までより成長している、という趣旨で使われていたと記憶している。

スポーツ競技で自己記録を0.01秒短縮する、
あるいは1mm伸ばす、

そういった感覚で、
ほんのちょっとでも、
昨日より学びを増やせれば、
それは自己最高記録の更新である。

そう自分に言い聞かせて、
一歩一歩の歩みを、
そして一つ一つの学びを、
大事に積み重ねていく。

できるのは、それだけ。

今も、そしてこれからも。
[PR]
c0068901_9462999.jpg

皆様 新年明けましておめでとうございます。

人生40年、歌い始めて20年と一つの節目の年を迎えました。
論語で言えば「不惑」の年、
また「四十を過ぎたら男は自分の顔に責任を持て」などとも言われます。
勉強は一生続くという姿勢で新しいことを色々と吸収しつつ、
周りに振り回されるだけに終わらないよう、ぶれない軸を持って、
あらゆることに取り組んでいく年にしたいと思っております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年 元旦

[PR]