<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

自分が生まれ育った国 以上に見えないものがある。

それは、自分自身。

やりたいこと、好み、価値判断基準はそれなりにわかっているつもりだが、自分の強みが何か、自分で思っていることと人から返ってくることにギャップがあることも多い。

自分が、周りの人にどのように映っているか。人に指摘されないとなかなかわからないものである。

声も然り。自分の耳に聞こえる声は、周りに聞こえている声とは違う。

周りの視線や指摘の全てに敏感に反応する必要はないが、自分自身を見る目に客観性を持たせるために、人からの指摘も少しは気に留めることにしよう。

昨日書いた、中谷氏の寄稿の元ネタの1つである、日本が好きになった韓国人による日本論を読みながらそんなことを考えていた。
[PR]
昼休み、何気なくネットをめぐっていたら、銀行系シンクタンクのサイトで、かつて母校で教鞭をとられていた中谷巌氏が執筆された文章を見つけた。

藤原正彦氏の「国家の品格」をきっかけに、日本について語ったり論じたりする書物が増えているし、仲間内の書き込みでもそのての内容を時々見かける。

今回見かけた中谷氏の文章も、日本文化について語ったもの。こんな内容が綴られていた。

=============================================
日本人はなぜアイデンティティを失わないのか。 その理由は、自国のしっかりとした「基層文化」の存在ゆえである。

日本人の場合、この基層文化は三層ある。
1.明治維新以来培われた「産業文化」 近代的な合理主義に基いた発想
2.稲作農耕文化によて形成された意識
3.縄文時代に気付かれた狩猟採集文化に金する意識

このうち3の影響が特に大きい。なぜなら、多くの国ではせいぜい1000~3000年しか
経験していないこの時代を、日本は1万年経験したからである。

農耕文化・・・自然は人間が支配するもの
縄文文化・・・人間と自然が共生する

日本人が四季の移り変わりをこよなく愛し、花鳥風月を愛でるのはこの長きにわたる縄文文化の感性のせいかもしれない。

正月やお盆、お彼岸などの折に、「あの世」から客人としての神が一時的に「この世」に里帰りするものとされている。
また、正月には山から来る彼らが滞在しやすいよう、門松やしめ縄を飾ってお迎えする。そしてしばらくすると客人である神は山に帰っていく。

というようにこの世とあの世は密接な連絡がある。

日本人にとっての神は、普遍的、超越的な存在ではなく、身近にいて、時々帰ってくる存在。
=============================================

中谷氏は、別の機構で、英語が堪能な日本人が増える一方、日本のことを知らない日本人が増えていることを指摘している。

------

浪人していた頃、和文英訳を個別に添削してもらうなど大変お世話になった講師がいる。この方は、大学卒業後、アメリカに渡って教鞭をとられた経験を持っておられる。

この講師も、折に触れて「あなた方は、もっと自分の国のことを知り、外国人に聞かれた際にきちんと説明できるようにしたほうがいいよ」と言っておられた。

藤原正彦氏の何冊かの本、そして、偶然見つけた中谷氏の寄稿。これらを見るたびに、17年前の予備校講師のことを思い出すのであった。
[PR]
時間管理の本やら寄稿でよく言われることだが、同じ時間の長さでも朝の方が夜より密度が濃い。本を読むスピードも、朝の方が速い。これは最近実感していることだ。

もちろん、だからといって夜のタイムスケジュールを無理矢理切り詰めるつもりはない。日々の生活のなかで必要な「緩み」の部分だと捉えているから。

ちょっと前から書店で平積みされている本の中に「通勤電車で寝てはいけない」というのがある。確かに、ぎゅうぎゅうづめじゃない限りにおいて、通勤電車の中は本や新聞を読んだり、その日の仕事について思考をめぐらしたりするのに有効活用できる(合唱人には 暗譜の場でもあるかな 笑)。

もっとも、必ずしも書物に目を通さなくとも、同じ車両に乗っている人の服装、立ち振る舞いをさりげなく見て(あくまでもさりげなくですよ!じーっと見たら怪しまれますから。特に私のように世間では「オジサン」に分類されてしまう人は)、反面教師にしたり、いいなと思った部分を自分に取り入れてみたり。

やはり私は、周りに対するアンテナの張り方が、敏感なようである。それは時として、周りばかり気になって腰が据わってない、という弊害を生むのだが。
[PR]
昨日のことになるが、京都コンサートホールに「第55回東西四大学合唱演奏会」を聴きに行って来た。

改めて書くまでもないが、早稲田・慶應・関学・同志社の男声合唱団による競演である。

私の学生時代、「Big4」の名を恣にし、我々男声合唱をやるものにとって憧れの存在であった各団体。そして、それらが一同に会するこの演奏会は、「聞き逃すなんてありえない」、そんな位置づけであった。

あれから10数年経ち、自分自身もそれなりには歌えるようになり、耳も肥えてきた今、その伝統を引き継いだ学生たちの演奏に想うことは2つ。

1つは、人数の減少と共に存亡の危機まで騒がれた団もあるにもかかわらず、こうして今も熱くなって歌ってくれていること。

もう1つは、先ほどと背中合わせなのだが、10数年前に比べて歌い方に進歩がない、むしろ後退しているとさえ思えること。あの発声、言葉の立て方・・・ 私の耳には受け入れがたい。

我々の世代がもっと自分たちの歌に磨きをかけ、後に続く者にいい見本みせたい。改めてそう思った演奏会となった。
[PR]
by h-katopon | 2006-06-26 22:55 | 音楽
4月に突然腰を痛めがこともあって、行きつけのカイロプラクティック治療院には、「ちょっと違和感あるかな」くらいのときに行くようにしている。

保険適用外のため、治療代も安くはないが、車における定期点検や、製造設備のオーバーホール保全と同じで、自分の体のメンテナンス、と考えるようにしている。

治療(アジャスト)してもらうときは、あまり話をしないのだが、今日は、先生がボリュームのある文献を翻訳した苦労話をされていたので、それをきっかけに会話がいろいろな方向に飛んだ。

ちょうど、私が発声と声楽に関する本(師匠が5年かけて翻訳したもの)を読んでいて、その流れで、体の部位の名前がわからず、書店に立ち寄ったときに解剖学の入門ともいえる図説を見ている話をしたら「あ、それなら○○大学の●●先生がサイトにいろいろと情報載せてますよ」と教えてくれた。

明日、YK練習に出かける前にチェックしてみることにしよう。
[PR]
最近、新聞や雑誌の書評をにぎわせ、大概の書店で平積みされているこの本。

「ヤバい経済学」

こんなタイトルに惹かれて購入し、現在読んでいる。

タイトルはものすごくインパクトがあるので、中身はいかに、と期待しながら読んでみると、私にとっては特にインパクトが強いものではなかった。

経済学部出身。理論経済学のゼミナールに入っていた私。そこで最初に取り組んだのは、恋愛や犯罪を経済学的に考察する、という、当時は「へ?」と思う内容であった。

この「ヤバい経済学」で採り上げてるのは「ヤクを売人がなぜママと一緒に暮らしてるか」など話題としては面白い。ただ、私にとっては、先の、大学時代の、ゼミに入っての最初の課題と重なるところがあり、あまり新鮮味は感じられなかった。

指導して下さった教授曰く「経済学は、人間の直感的な行動を、数式化を使ってモデル化したものなんです」と。 それを再認識できたのが、この本だったのかもしれない。

この本が、16年前に出ていれば、もうちょっと経済学に強い関心を持って勉強できたかもしれないなぁ。
[PR]
書いたものとか、言ったことにはうそを言える。ところが作品と言うものは絶対にうそが言えない。その人が持っている個性がはっきり作品には出てくるものである。

いわゆる技能のいらない繰返し作業の人ほど、アイデアを尊重してもらいたい。アイデアによって繰返し作業も変化するものだ。猛烈に短縮もする。

企業を大事にする以上に大事なことは、働きに来る人たちは、それぞれ自分の生活をエンジョイするための一つの手段として来ているのだ、という意識に徹することだ。

企業の存続はいかにその企業の中に人材を見つけるか、というところにある。

人間は逆境に立ったときもっとも必要なのは反省であると思う。自分が逆境に立っているのは、どういう理由からなのか。外部要因からなのか、内部要因からなのかじっくり考えることである。

人間は智、仁、勇を備えることをもって最高の人格と考えられる。経営者も、知恵、知識だけではだめ、仁と勇の浪花節だけでもだめ、三者が渾然一体となってはじめて一級の経営者といえる。

従業員を大切にし、希望ある仕事を与えることができれば、仕事を前進させるアイデアは自ずとして沸きだし、その成功は期して待つべきである。

多くの人の犠牲の上にたった「英雄」というものを好まない。

資本がないから事業が思わしくないとの声をよくきくが、それは資本がないからではなく、アイデアがないからである。よいアイデアに国境はない。よい製品に国境はない。
そしてそれらは、過去の甘い夢に捕らわれない、不要な経験から全く自由な、若い人たちに頭脳から生み出される。

日本は資源の少ない国である。スイスのように付加価値の高い加工技術によって外貨を稼ぐべき。

男性と女性があり、相手を意識するところからおしゃれがはじまり、芸術にまで昇華し、産業が栄え、文化が進むということになる。

相手のことを考えないサービスは、何とかの深情けといわれても仕方があるまい。
=================

本当に、ドキッとせずにはいららない言葉ばかりちりばめられていた一冊であった。
[PR]
もうからないときこそ、その企業の基礎固めができるのである。

竹にはフシがある。そのフシがあるからこそ、竹は雪にも負けない強さを持つのだ。同じように、企業にもフシがある。儲からんときがひとつのフシになる。このフシの時期が大事なのだ。

信用というものは一つできると、雪だるま式に大きくなる。

信用というものは正直さがあくまで土台になっている。

日本というのは時間に対する観念がどうもルーズだ。

日本人に欠けているものにウイットがある。

言葉だけでなく、楽しさをからだ一面に出すこと、これが大事。

ジョークというのはアイデアである。しょっちゅう言いつづけているとすらすら出てくる。一つの訓練。

「失敗は成功のもと」というたとえがあるが、ほんとうに失敗を成功のもとにする人は何人あるか。これは正しい理論を用いて反省する人にのみ与えられたる権利だと思う。

「果報は寝て待て」とあるが、あれは誰かそそっかしいやつが間違えたと思う。「果報は練ってまて」で反省して待つことだ。

人間は言葉では生活していない。言葉以外の何ものかで支配されている。それは何か。一番大事なものは信頼だ。信頼の上に立っていない言葉は百万べんしゃべってもムダになるのではないか。

人生の終わりを着陸というのなら、私が死んでいって着陸したときの評価が成功であるかないかということが問題なのだ。

市場調査くらいあてにならんものはない。「買いたい」と「カネを出して買う」は違う。

====
40年前に書かれたものだが、今の時代にも響く言葉が数多くちりばめられている。

「世界のホンダ」の創始者の言葉だ、という理由で響いている部分もあるかもしれないが、読んでいて、どきっとしたり、思わず姿勢を正したりしてしまう。

ちょうど半分読破したところ。近日追記予定です。
[PR]
家で日本経済新聞を購読している以外に、職場で日経産業新聞に目を通すようになった。

目的は、働いている業界の情報収集。

しかし、それ以外にも、新製品やトレンドの情報が時々織り込まれている。
それはWBSで紹介されたものを、時間を置いて掲載しているもの、というケースが多いのだが・・・。

そして、紙面の後ろのほうには、仕事の進め方やマナーなど、Howto本にもなるような記事が満載されている。

今日、紹介されていたのは、外見力を磨くコツ。
もちろん、ファッションのことを言っているのではなく、相手との距離のとり方、しぐさ、そぶり、自分自身の開示のしかた、等に言及したものであった。

私にとっては、結構使える情報源となっている。
[PR]
by h-katopon | 2006-06-20 19:43
大阪市の中心部には、あちこちで競うように高層マンションが建設されている。
また、職場の近辺を見渡すと、最近建てかわったり、今まさに建設中、というビル
が非常に多い。

世界中の大都市で、こうも頻繁にビルが建て変わってるところ、日本以外にはない
のではないか。少なくとも欧米は、古くからの建物を大事に使ってるような気がする。


同じ部署にいる、最近までアイルランドにいた人曰く、向こうでは、古い家の方が価値
が高い と。だから、ある程度の期間駐在するなら、家を借りるのではなく、買ってし
まって、他国に移るときに売れば儲けになる、というケースも多いそうだ。

日本では、そうはいかない。むしろ、20年くらい住めば二束三文に近い状態になって
しまう。

これから先、何百年も建ち続ける建物を作る、という発想はないのかなぁ。
そんな建物ばかりだと、建設業界の仕事がなくなってしまうからか?
[PR]