カテゴリ:音楽( 224 )

「第10回 水と緑の全国音楽祭」出演のため、この週末は福島県郡山市に行ってきた。
金曜日に、東日本の広い範囲で降った雪は、この街にも銀世界をもたらしていた。

この音楽祭は、「全国大会で金賞を取った」ことを条件に色々な合唱団を招待して行われるものであるが、福島県、そして郡山市が合唱が盛んな街ということを象徴するかのように、出演団体は地元がほとんどであった。

我々の演奏は・・・限られた時間で手は尽くしたと思うが、「もっといいものができる」という思いも残るものだった。個人的に、やはり消化不良のまま本番を迎えてしまったのが反省点。これは、5月の演奏会、今日と同じプログラムで臨む7月のジョイントコンサートでしっかり生かさねば。

キャパ2000人ほどのホールは、ほぼ満員に近い状態。しかも、一生懸命聴いてくださる方ばかりで、歌っていても非常に幸せな気分であった。だから、自分の消化不良がなおさら悔やまれる。

郡山、と言えば、合唱人なら必ず名前を聞くであろう安積女子高校(現在は共学になって、学校名も安積黎明高校)のお膝元。今日は舞台袖ではあったが、この学校の歌をを始めて生で聴いた。技巧的な難しそうな曲でもただ「一生懸命歌ってます」というだけでなく、彼女たちの曲に対する思いのような何かがきちんと伝わってくるものであった。「恐れ入りました」の一言につきる。

私の合唱仲間にもこの学校出身の方がいて、今日は帰省ついでに、やはり安女出身のお母様と聴きにいらしていた。後でお話をうかがう機会があり、我々の歌を気に入っていただけた旨のコメントをいただいた。何でも、5月の演奏会も聴きたいとか。ちょうどチケットを入手したところなので、お送りする用意をしなければ。
[PR]
by h-katopon | 2005-03-06 22:43 | 音楽
先ほど、葡萄練習&飲みから帰ってきました。

この週末は、「水と緑の音楽祭」になにコラの一員として出演するために、福島県郡山市に行ってまいります。

郡山出身の歌仲間(現在帰省中)に聞くと、金曜日、30センチの積雪があったとのこと。
明けて朝の様子を教えてもらうことになっているので、それを受けて装備を決めることにするが、少なくとも「荷物軽減のために革靴で行く」というのは、やめた方がよさそうだ。

この週末は、全国的に冷え込みそう。この時間、京阪神でも一部雪が降ってるみたいだしね。
これをご覧になっている皆さん、この寒さで風邪ぶりかえさないようにお気をつけください。
[PR]
by h-katopon | 2005-03-05 01:12 | 音楽
私は現在、
・なにわコラリアーズ(このBLOGでは「なにコラ」「NC」などと略す)
・淀川混声合唱団(このBLOGでは「よどこん」「YK」などと略す)
・合唱団葡萄の樹(このBLOGでは「葡萄」「BK」などと略す)

の3団体に属している。いずれも指揮者は伊東恵司氏。「伊東系合唱団3点セット」などと茶化されることもある。

その中の一つ、葡萄が、この8月、京都で開かれる世界合唱シンポジウムの期間中、コミュニティコンサートで一緒に歌うのが、表題のVOX GAUDIOSA(以下「ガウディ」と略す)である。

今日、東京・第一生命ホールで演奏会を開く、ということで、大阪から足を運んだ。

人数は29名ということで葡萄とほぼ同じくらいの規模。年齢層は20代後半から30代と比較的固まっている。妙な親近感を持ちながら、演奏会は始まった。

しかし・・・
第1声でその印象は打ち砕かれた。発声として洗練されている感じ。一人ひとりがしっかり歌えている。まさに我々が目指している姿の完成形とも思える姿がそこにはあった。

2時間半と、合唱の演奏会としてはやや長めではあったが、集中力を切らすことなく聞くことができた。

終演後、レセプションに出席して、(僭越ながら)葡萄を代表する形で挨拶してきた。葡萄では何の役職にもついてないのにちょっとあつかましかったかな?

指揮者の松下耕先生や、何人かのメンバーと「何かとお世話になります」と言葉を交わし、しばし歓談の後、大阪への岐路に就く。このレセを含め、全てが貴重な体験だった。

レセの招待状譲ってくれた山Dに感謝。
[PR]
by h-katopon | 2005-02-27 23:04 | 音楽
まっすぐ大阪に戻る・・・と思いきや名古屋で途中下車。
私は現在、東京の声楽家の先生のレッスンを受けているのだが、ちょうどこの日、名古屋でレッスンをやっている、ということで寄り道して受けていくことに。

場所は地下鉄今池駅近くにある「名古屋芸音」。年期の入った建物だった。

このビルはいくつも貸スタジオがあり、同じようにレッスン目的で使っている人が多い。

移動時間、交通費を考えると、わざわざ東京へ行くより名古屋に来る機会をつかまえてレッスンを受けたほうがいいのだが、先生が名古屋に来るのは決まって平日。さすがにその度に仕事休むわけにもいかず、今後も東京へ通うことにしよう、という結論に落ち着く。

6時にレッスン終了。せっかくなので今日は名古屋に泊まって明朝散歩してから帰ることにしよう。
[PR]
by h-katopon | 2005-02-25 22:57 | 音楽