2015年 01月 09日 ( 1 )

その筆頭は、警察官である。

過去に呼び止められたのが、クルマを運転してて違反したときだった、ということもあるのかもしれない。

そのドキッとする瞬間が、久しぶりに訪れた。
夜、ウォーキングをしているときのことだった。

スマフォで距離やかかった時間を確認しながら歩いていると、正面からパトカーが近付き、私の目の前で停まった。

えっ・・・、何?
僅かな時間だが、歩きながらスマフォ見てたことの注意か?
それとも、夜道をライトや反射材身に着けずに歩いていたからか?


結局どちらでもなかった。

警察官が私に尋ねたのは、
「若い女性に声をかける、自転車に乗った不審な若い男性を見かけなかったか?」
だった。

その関連で2~3質問を受け、それらしい人物を見かけなかった旨答えると、「ご協力ありがとうございました」と、パトカーに乗り去って行った。

近所で苦情が出たのだろう。
その前後、1km歩くうちに、先の1台を合わせて5台のパトカーと出会った。

最近、LED照明がついたとはいえ、歩いていた一帯は暗い。
私も、少しでも明るい道を選んで歩いている。

誰かが傷つくような事件が起こらないことを祈る。
[PR]