軽井沢で合唱に浸る

軽井沢合唱フェスティバル2008にYKとして招待され、参加してきました。

ご来場の皆様、本当にありがとうございました。そして、耕友会の皆様、お世話になりました。

全国各地から、実力のある、そして個性派揃いの合唱団が集まってのフェスティバル。松下耕氏が挨拶で言っておられた「競い合うのではなく、認め合う」という姿勢が、客席にも十分に理解されていたと思います。どの合唱団に対しても、拍手は非常に温かく感じました。

私個人としては課題もありましたが、一番「何とかしたい」と思っていた、1曲目のShoutは、自己評価でも、可もなく不可もなくという感触だったので、ホッとしています。(その後の歌い方に若干ダメージが残ったのが課題です・・・)

ちょうど仕事のヤマと重なり、下手をすると日曜日は出勤の可能性があったため、出演した9日のみの軽井沢滞在となりましたが、抜けるような青空、涼しく爽やかな風、澄んだ空気・・・、後ろ髪を引かれる思いでした。

気がかりなのは、ほど近い浅間山が今日未明に噴火したこと。しばらく前から、山の周辺は立ち入りが禁じられていたようですが、今が一年で一番賑わうこの地域に、大きな影響が出なければいいのですが・・・。(もっとも、駅前にアウトレットモールが出来てから、シーズンにあまり関係なく人が集まってるのかな?)
[PR]
by h-katopon | 2008-08-10 23:36 | 音楽