事後報告

この前の週末、「第24回宝塚国際室内合唱コンクール」に出場してきた。
今回のコンクールのために結成された「Guiness Singers」の一員として。

ロマン派、シアターピース、ルネサンス、フォークロアの4つのカテゴリーのうち、我々が参加したのはロマン派。そして、結果は、金賞を受賞した。

このコンクールは、カテゴリーを越えたところで総合順位がつけられるのだが、我々はその順位がつくまでには届かなかった。

土曜日がコンクール、そして、金賞をいただいたことで、日曜日の入賞団体演奏会にも出演。そんなときにでも、NCやYKの練習は普通にある。単に歌いとおしの週末はほぼ毎週のようにあるが、2日連続で宝塚と桜ノ宮を行ったりきたりしながらの歌いとおしは、さすがにしんどかった。

日曜日の演奏会。私の過去の記憶では、チケットを取るのも大変なくらいに人が集まったのだが、今回、舞台から見えた風景は、その記憶とはかなり異なった。「国際」と銘打ちながら海外から参加したのは1団体だけだったこと、演奏会のチケットが、通常の合唱団の演奏会よりは高めの設定だったこと、など、色々と要因はあるのだろうが、このことは少し残念に感じられた。

まばらな客席の中で、我々が歌っている間中ニコニコしながら聴いて下さっているお客様の姿を見つけた。非常にありがたいことである。

できるだけ多くの方に聴きに来て欲しい、と思い、それを目指して行動する一方、仮に客席に空席が目立つ中でも、貴重な時間を割いて聴きに来てくださった方のためにも、演奏ではベストを尽くしたい。でないと、今回客席に見つけた素敵な笑顔には出会うことができない。

「そんな姿勢で舞台に上がるの、聴いていただく方々に失礼じゃないですか」と思う場面もいくつか見られた。自分が同じ過ちをしないよう、気をつけねばならない。
[PR]
by h-katopon | 2008-07-28 23:21 | 音楽