久しぶりに訪れた瞬間

自分で歌っていたり、他の合唱団の演奏会を聴いていると、ときどき、涙を流したくなるほど感激するハーモニーに出会う瞬間がある。

初めて体感したのは、大学一年の頃の他大学の合唱団の演奏会。

その次は、社会人になってから参加したアラウンドシンガーズで、畑中先生に振ってもらった「水のいのち」。

こんな瞬間、なかなか訪れるものではないのだが、一度味わうと、「よし、あの瞬間を目指して頑張ろう」という気持ちになる。

昨日今日と行われた、奈良でのNC合宿。解決すべき課題がいろいろありながら、いい音が鳴っている、と感じられる瞬間が何度か訪れた。

10数年ぶりに味わったこの瞬間を、5月4日に京都で再現できるよう、しっかり歌いこんでいかねば。
[PR]
by h-katopon | 2007-04-08 22:04 | 音楽