「夏の陣」第1戦終了

淀川混声合唱団 第18回演奏会 無事に終了しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

結果として、この演奏会は、委嘱作品の「シャガールと木の葉」に救われたと言えそうです。普段、オーダーで1列目を陣取ることが多かった私が、今回は珍しく(?)後ろに下がったことで、いつも以上に周りの音を聴けたような気がするのですが、明らかにメンバーの声の出方が最終ステージだけ違うような感じがしました。

埼玉から聴きに来てくれた両親からは、「Jaanilaul と 静かな雨の夜に がダメ」と、終演後早速ダメ出しされてしまいました。そうです。この団を少しでも魅力を感じてもらうためには、まだまだ努力が必要なようです。で、まだ「もっといい歌を歌える」可能性を十分に秘めているこの合唱団に、もっと貢献していきたい、そんな思いを胸に、いずみホールを後にしたのでした。
[PR]
by h-katopon | 2006-08-13 00:13 | 音楽