念願の角島上陸

山口県に居を移してから、ちょうど6年が経過した。

この6年の間、大阪や広島には頻繁に出かけているのだが、県内でまだ訪れていないところが多数ある。

その1箇所に、今週末クルマを走らせた。その場所は、角島である。

c0068901_16255276.jpg


TVでは時々流れる、この長い橋。「外国の橋だろう」と思っていたら、実は山口県にあることを知ったのは、こちらに移ってから間もなくのこと。

徳山から山陽道・中国道と走り、美祢からは国道435号に沿って走り、ある特牛(こっとい)から海沿いに少し北上したところに、有名な長い橋が架けられていた。

全長約1700mの橋を渡った先にある角島は、邦画を観る人なら「四日間の奇跡」の舞台としてご存知の方も居られるだろう。(実は私、今回角島行の直前に調べるまでこの映画の存在を知らなかった。)

特別な施設があるわけではないが、島の端にある、全面御影石でできた灯台だけは観ておこう、と、その場所に向かった。

c0068901_16255129.jpg


あいにくの強風で、灯台に昇ることができなかったのが残念。
台風の影響だったのだろうか、それとも場所柄だろうか。

灯台の足元は、周りが展望できる公園になっていた。
瀬戸内では観ることのない、激しく打つ波、そしてしぶきが印象に残った。

c0068901_16255220.jpg

[PR]
by h-katopon | 2014-10-05 16:25 |