これが泊まり納め

c0068901_20335711.jpg


東京駅八重洲南口から3~5分歩いたところにあった、八重洲富士屋ホテル。
都内で泊まる際、準定宿のような形で利用していた。
特に、春の連休に開かれる、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの際は、会場から一番近い宿として重宝していた。

先ごろ、残念ながら閉館となった。

c0068901_20335887.jpg


それが、別の名前で(別の経営体で?)営業していると知り、先日の演奏会出演の際利用した。
「東京八重洲ホテル」。名前はいたってシンプルである。

c0068901_20335927.jpg


入口の掲示を見ると、経営主体が変わって(藤田観光→ヴィラフォンテーヌ のようだ)、心機一転と思いきや、どうやら期間限定のようだ。

鍵を受け取り、部屋に入ると、富士屋ホテル時代の内装そのまま。懐かしさを感じた。
c0068901_2034084.jpg


c0068901_2034058.jpg


建物もだいぶ年期が入っているが、内装にもその年期が感じられ、ベッドのスプリングはだいぶ弱っているようだった。このホテルの泊まるのも、今回が最後だな。

紀尾井ホールで出演した演奏会、そしてそれに至る過程を振り返りつつ、泊まり納めの一夜を過ごした八月最後の週末だった。
[PR]
by h-katopon | 2014-09-03 20:33 |