なるかバージョンアップ

NCと、国立音楽大学女声合唱団Angelicaとのジョイントコンサートまで、あと1週間を切った。仕上がりに不安が否めないのは、前の記事に書いたとおりである。

今回、5月にSoloをやった曲がもう一度歌われる予定となっている。

5月の演奏会では、「ちゃんと歌詞を言い切れるか」という不安を抱え、その曲が終わるまで表情が堅かったことが客席にいる知人何人か(nikakuよ、君以外にもバレバレだったようだ 泣)に指摘された。おまけに「保護者の気分で見てたわ~」なんて言う人も出現する始末。いや~、気に留めていただけるのはありがたいですが・・・。

今回は、5月よりは余裕もって歌うことができそうだ。この余裕を持てるだけでも、自分にとっては大幅なバージョンアップである。

歌うというよりしゃべる、といった方が正しいのだが、これを歌うチャンスもらったお陰で、自分の声に少しは自信持てるようになったのは事実である。やはり、経験が大事 ということか。

これまでのように月一ペースで東京に行ってレッスン、ということは、だんだんできなくなってくる。自分なりにでもいいから「これだ」と思う歌い方、早く確立しておきたい。
[PR]
by h-katopon | 2005-07-10 23:57 | 音楽