参考? お手本?

業界平均や過去の実績、ライバル社の数値などを気にしていると、その水準を超えられなくなってしまうことが良くある。(若松義人「トヨタ流 最強の成功法則」)

合唱でも、同じことが言えるのかもしれない。
委嘱作品など一部の例外を除いて、歌おうとする曲を前にやっている合唱団があり、その演奏が、参考音源としてメンバーに配られる。

曲のイメージをつかむために、また遠隔地から来る団員は自習のために、この音源を聞き込むことになるのだが、いつの間にか、参考でしかない音源がお手本になってしまう。

一昨年YKでお世話になったきょーこさんが言っていた「音源はあまり聞かないでくださいね」の一言をふと思い出した。

しかし、今はまだ音源を頼りにする必要がありそうだ。NCもYKもSVEも。
[PR]
by h-katopon | 2005-07-05 23:18 | 音楽