コーラスめっせ2014 参戦記

毎年4月に大阪で開かれる「コーラスめっせ」。

今年で5回目と開催なった。

これまでも、仲間の多くが出演者として、また実行委員としてかかわってきたこの企画に、
今年、私も初めて参加した。

大阪ビジネスパーク TWIN21でのアトリウムコンサートに、いずみホールでの演奏会。
それに講習会でプログラミングされる2日間。

特筆すべきは、オープンスペースで開かれるアトリウムコンサートだろう。
あくまで私見だが、合唱の企画は、とかく同じ趣味を持った仲間たちだけが集う、どこか
閉ざされた(関心のない方にとっては異様な?)空間となることが多い。

アトリウムコンサートなら、何気なく立ち寄った方の耳にも触れることができる。
もちろん、中には合唱してるとわかるや、足早に立ち去る人もいるだろう。
だが、そこで印象に残る演奏ができれば、新たに興味を持つ人が増えることにもなる。

出演者からは「歌う環境としては良くないよな」という声も聞こえた。それも同感である。
しかしながら、実は良く響く空間だったな、と歌ってみて思った。
(まぁ、私が響かせたのではなく、他のメンバーの熱唱による結果だが。)

この模様を撮影して、Youtubeにのせている方がいた。
どんな雰囲気かご覧いただくために、なにわコラリアーズの演奏の模様をリンクします。

私自身は、体調不十分で臨んだため、反省すべき点が多数である。
GWの和歌山でのワークショップ、来月24日の東京・紀尾井ホールでの演奏会に活かしたい。
[PR]
by h-katopon | 2014-04-21 21:12 | 音楽