初夏がそこまで来ている

4月も半ばである。

春の到来を目に知らせてくれる桜は、いつもよりも短い見頃の時をあいにくの雨と過ごして風に舞っていった。

一方で、時折霜注意報が出るなど、朝晩の冷え込みは依然続いている。

「春が来た」といまいち実感できない日を過ごしている。

そんな中、仕事から戻ってのウォーキング中、通りかかる周南緑地の池では、カエルの合唱が始まっている。

吹田に居る頃は、江坂のマンション群の一角にある田んぼで聴いたよなぁ。

いつのまにか、初夏の足音が近づいていた。
[PR]