2014年 二つ目の本番

c0068901_21364153.jpg


2014年2つ目の本番として、合唱団「そら」のメサイア全曲演奏会で歌ってきた。

この合唱団は、活動拠点にしている訳ではなく、今回メサイアを歌う、ということでエキストラ
出演を申し入れた。

毎年メサイアかバッハのミサ曲ロ短調を歌っている、という、取り組み姿勢は素晴らしい合唱団。

今回のメサイアは、合唱団として20回目とのこと。

私の今の生活の地、徳山でも、毎年のようにメサイアを歌い続け(抜粋版の年もあるが)、昨年が22回目だった。

こうした大曲を継続して歌い続けることには、心から敬意を表したい。

もちろん、「数多く歌ってるんだからもっと歌えてもいい」と思う点もある。私が活動拠点とする合唱団なら、色々とテコ入れしようと動いたことだろう。

私自身は、抜粋版を含めて今回が4回目のメサイアとなる。歌うたびに気づきがあるし、歌い手としてもっと磨きをかけた上で上質な演奏をしたい、と思える。今回歌い終わった後に残った思いもそれだ。もっと己に磨きをかけて、チャンスがあれば合唱だけでなくソロにもチャレンジしたい。

大半の曲は、一度歌えば「もういいや」と思うが、メサイアは何度でも挑みたい曲。そして、挑むごとに更なる高みに到達したい。

また明日から、自分なりの努力を積み重ねていこう。もっといい歌を歌えるためにも。
[PR]
by h-katopon | 2014-02-23 21:45 | 音楽