漫然とやるだけではダメ

昨日、たまたまテレビで見かけたランニングに関する番組。

ランニング初心者のための講座に取材する場面が映されていた。

シューズの履き方に始まり、フォームに関するチェックなど、走り始める前に入念にチェックされていることがいろいろあった。

フォームに関しては、姿勢の保ち方、腕の振り方など、ウォーキングにも通ずるものがあるな、と思い、今日のウォーキングから取り入れてみた。

通常、5.8~6km/hで歩いている私だが、今日は、気が付けば6.4km/hにスピードが上がっていた。

やはり、腕をきちんと振ることで、体を前に動かすエネルギーが増えていた気がする。

普段の歩きよりも、上半身の筋肉を、少しではあるが使っていたな、とも実感できた。

やはり、漫然と歩くだけではダメで、色々なことを意識した方が、効果が断然上がるものなんだな。

これは、歌にも言えること(もちろん、仕事もだが)。ただ単に、楽譜の表面をなぞって歌っているだけではダメで、そのフレーズをどう歌いこなすか、歌いこなすために体をどう使うかなどに、もっと意識を持った方がいい。今日の練習から、少しだけ取り入れている。実を結ぶには時間がかかりそうだが、愚直に続けていこう。
[PR]