健全な精神は健全な肉体に宿る

古くから言われてきたこの一言を実感として思い知る週末となった。

喉の様子が急におかしくなってきたな、と思い始めたのが、先週火曜日。

それから、徐々におかしくなり、この週末には喉以外の風邪の症状まで出てしまった。

土日ともに夜に予定されていた練習は、木曜の段階で欠席を決めた(日曜の練習は中止になったらしいが)。

2日間、ちょっと用事を足しに出かけたくらいであとは家でゆっくりと過ごしていた。

体調を崩すと、飲み食いするものの味もあまりおいしく感じられないし、思考もどちらかというと後ろ向きになってしまう。

普段なら、後ろ向きの思考になってもそれを軌道修正して改善するために自分がどう動くかを考えるたり、物事のいい面に視点を切り替えることができるのだが、どうも今日はそれがうまくできない。

全てを体調崩したことを理由にはできないが、やはり、体の健康を崩すと心もあまり良くない状態になってしまうようだ。少なくとも私にはそれがあてはまる。

今日思いを巡らせたことは、一晩寝かせて、いや、体調が回復した時にもう一度思考してみることにしよう。

今夜の段階では、行動にまで結びつけずに置いておくことにする。
[PR]