それぞれの20年目

今日、仕事を終えて帰宅すると、ポストに一通の葉書が届いていた。

この時期に珍しいな、と思いながら見ると、送り主は、大学時代のゼミの同期だった。

近頃、電機メーカーから流通業界へと転職をしたことが告げられていた。

社会人になって20年目となる今年度。節目の年にもなる。同期の新天地での活躍を祈る。

彼ほどではないが、私も環境が変わった。

そして、いろいろ考えて、歌う環境も少しだけ変えた。

歌については、「とにかく、歌い続ける」という点で軸は定まっている。もちろん、常に「一歩前へ」の姿勢で。

仕事については、何処に軸を置いて新しい環境で励んでいくか。おぼろげながらイメージはできているが、季節が変わらないうちにきちんと決めておかねば。
[PR]