2年経って振り返る

山口県民の私にとって、「3.11」は、ともすれば遠くで起こった出来事、となるところだった。
しかし、実際はそうはならず、混乱の渦中に少しだけ身を置くこととなった。

2011年3月11日 金曜日。

翌日からの横浜・東京での演奏会に備え、その日は休暇を取り、朝7時台の新幹線で東京へ移動していた。
東京駅から徒歩圏内のホテルに大きな荷物を置き、神田の蕎麦屋で昼食を取り、その後地下鉄に乗り溜池山王へ。社会人なりたての頃からお付き合いのある保険の営業の方とアポを取り、契約変更の手続きをすることになっていた。

首相官邸からほど近くにあったビルの会議室で、近況を話しつつ、手続の説明を受け、必要書類に署名捺印をしていた途中で、あの時が訪れた。

14時46分。東京で震度5強の地震。

横揺れが長い時間続いた。まずは閉じ込められるのを防がねば、と会議室のドアを開ける。まっすぐ立っていることができず、近くの壁につかまりながら揺れがおさまるのを待った。

こんな揺れがもう1回続いた(余震はもっとあったことは皆様ご存知の通りである)。
必要な手続きを済ませ、そのビルを後にした。溜池山王の交差点は、周辺のビルから出てくる人であふれ返っていた。その人混みを避けるようにして、アークヒルズ裏にあるカフェに入って気持ちを落ち着ける。その店も、いつものように心地よい音楽を流すのではなく、BGMはJ-WAVEのラジオ放送になっていた。首都圏の鉄道が完全に止まっていること、そしてそれよりも東北地方が大変なことになっていることを、そこで初めて知った。その後、芝大門まで歩いて移動。道すがら、幹線道路を大勢の人が歩く姿を見かける。中にはヘルメット着用の人も。16時ちょっと前の時間帯だったが、その時点で歩いて帰宅する人がいたのだと後で知った。

その日の夕方は、旧知の友人と芝大門で会って飲むことになっていたが、音信不通。とにかく、待ち合わせの店に行ってみることに。実は、その店自体が地震で崩れてないか、と心配にもなっていたが、無事で一安心。店の人も、店開きに合わせて登場。目当ての人とは結局会えなかったが、店の人や常連さんと話したり、私がたまたま持っていた小型ラジオで情報聴きながら周りのお客さんに伝えたりして過ごした。

その後、芝大門から日本橋本石町までを歩いて移動。ホテルで朝食を頼んでいなかったので、途中のコンビニに寄って調達しようとしたが、立ち寄った殆どの店で、食料品が空になっていた。僅かに残っていたものをかき集めるようにして、宿泊期間中の朝ごはんになりそうなものを確保。今にして思うと、「何があっても自分が食いつなぐため」という頭しかあのときにはなかった。それが本能なのだろうが、恥ずかしくもある。

東京滞在期間のエピソードは他にも色々あるが、書き出したらキリがなくなるのでこの辺で停めておこう。

三陸沖で、津波から命からがら逃げ切った方や大事な家族を失ってしまった方の比には全くならないが、東日本大震災は、その渦中にわずかながら居た出来事として、胸に刻まれている。


被害に遭われてしまった方々が、再び前向きに生きる力を取り戻し、前に進むことができますように。
[PR]