映画「レ・ミゼラブル」

12月から公開されている「レ・ミゼラブル」。

ミュージカルをそのまま活かす形で制作した、ということで、普段はあまり映画を観ない(METのオペラを観に行くのは別として)私だが、映画館に足を運んで鑑賞した。(鑑賞して一週間経ってから本稿を書いている。)

東京で1回、ロンドンで1回ミュージカルを観、その後の10周年記念コンサートを録画して何度も観て擦り込んでいた私としては、シーン作りは「見事」と思ったが、それ以外は今一つ、という感想である。

特に、それぞれの役どころの聴かせどころとも言えるソロ曲。心の中で「えーっ!」と叫んだ場所が何箇所もあった。まぁ、ミュージカルと違い、歌を本業としてはいない方々だったろうから致し方ないか。

やはり、舞台で観るミュージカルと映画は別物、きちんと線引きして「全く知らない新しい作品を観る」という意識で観なければならないな、と改めて実感した。
[PR]
by h-katopon | 2013-01-20 21:34 | 音楽