歌い手が学べるコンサート

12月23日に出演した、山口市・サビエル記念聖堂でのコンサート。

コンサート、というよりは、音楽礼拝の色彩が強かったかな、と、歌い終わってみて改めて感じた。

「12月 山口市はクリスマス市になる」

山口市は、この1ヶ月、この一言をキャッチフレーズにしていた。

記録が残っている中では、日本でクリスマスが最初に祝われたのが、山口市だという話。

今回の演奏会でも、そのことがMCで紹介され、共演した「ステラ」の子供たちが祭壇にキャンドルを捧げた後に我々がグレゴリオ聖歌を歌い出す。

その後は、切れ目もなく、寺漢・ステラの歌、そして、オルガン演奏と続き、どこか緊張感を帯びた空気が保たれた中で1時間版画過ぎて行った。

ともすれば、お祭り騒ぎだけで終えてしまうクリスマスの本来の意味を思い出させてくれた、そんな機会にもなった。

ギリギリまで諦めていたがオンステにこぎつけられた幸運に感謝したい。

何より、滑り込みでのオンステを受け入れてくれた寺漢の仲間たち、そして、今回寺漢を呼んでいただいた主催者の皆様に心よりお礼申し上げたい。

そして、同じような機会にもう一度オンステできるチャンスを与えていただけるなら、もっと意味のある演奏ができるよう、また自己鍛錬を積み重ねていかねば。
[PR]
by h-katopon | 2012-12-24 23:03 | 音楽