期せずして決まった、私の今年の一字

今年の世相を表す「金」に併せて決めようとした、自分にとっての一字。

年末に決めようと思っていたが、今週になって、「これで決まりだな」という一字が頭に思い浮かんでしまった。

それは「耐」。

歌の拠点の一つにしていたNCに、5月の演奏会以降行かれなくなってしまったのが一つの要因。

そして、今週に入って決まった、仕事上の事情により、23日の山口の演奏会へのオンステが微妙(限りなく不可に近い)になってしまったことが、とどめとなってしまった。

しかし、歌うこと自体を断念した訳ではない。


今年、天寿を全うされた、畑中先生に、サインに添えていただいた「いつまでも歌を」は、絶対に忘れまい。

その思いを新たにした、12月折り返しの週末であった。
[PR]