記録する、ということ

7日間の盆休みが、まもなく終わろうとしている。

京都、東京でしばし遊んだ後、私の実家、そしてパートナーの実家を廻り、今日徳山に戻ってきた。

先日、パートナーの祖母が天寿を全うされ、通夜にはかけつけたものの、今回の帰省で改めて手を合わせてきた。

一段落して、まだ元気だったころの映像を見せてもらった。
血のつながりのない私が一緒だったので我慢していたろうが、本当なら思い出と重ね合わせて泣きたかったところだろう。

私の両親はまだ健在だが、今のうちに、同じような映像を残しておいた方がいいのかもしれないなぁ。

今日の大阪からの帰りの新幹線の中で、そう思っていた
[PR]