山あり谷あり

今日は人生について熱く語ります。


と言いたげなタイトルをつけてしまったが、我が体重の話である。

長いスパンで増えたり減ったりしている我がウエイト。このBlogを書き始めた頃からみても、「二度目の下山」をしているのが今の状態である。

Blogを書き始めたのは2005年2月。いろいろあって増えてしまったウエイトをなんとかせねば、と思い、リフレッシュ休暇を使って体験したファスティング。そのことを書いておこう、というのがこのBlogのスタートだった。

そのときが、一度目の下山。その後、酒を完全に断ったりして、そこそこの水準まで落ちた(と言っても今より数段重かったが)。

下山から登山(笑)に転じたのは、2007年頃から。ジム通いをしたり、帰宅してから4kmくらいウオーキングしていたものの、帰宅時間、そして夕食の時間が遅くなってしまったことが増加に転じてしまった。そして、突然の山口県への転勤通達に伴う自宅での飲酒量増加がとどめを刺した。

再び下山のルートに転じたのは、結婚がきっかけである。自分でも意識していなかったが、周りから「痩せたんじゃない?」「顔が小さくなったね」と声がかかるようになってから体重計に乗ってみたら、確かに減っていた。一旦安定期も過ごしたが、職場の健康保険組合が外部と契約して導入したプログラムに乗って、今はまた下山を再開している。

いわゆる標準体重には、まだまだ道のりが長いが、せめて、「身長-100」のレベルの体重までは落としたい。そして、体重での「山」「谷」はもう経験したくないから、何とか減らしたところで「平地状態」を作りたい。

それにしても、体重のみならず、人生いろいろなことで山あり谷ありだなぁ、と、自分のここまでの41年半を振り返ると思わずにはいられない。
[PR]