ウソ

今日はエイプリル・フール。

至る所でウソがはびこっている。
クスッと笑える程度で流せるものもあれば、そうでもないものもあるような気がする。

やはり「ウソのつきかた」にもセンスがあるのかな。そんなことを思った一日だった。

かくいう私には、そのセンスは全くない。
今日も、「ウソって、漢字で書くと『口に虚しい』か」という点にかこつけて「口が虚しくなる」からうそなんてつけない」という趣旨のツイートをしてたっけ。それ自体が「ウソ」なのだが(自爆)。

しかし、「ウソから出た真実」なんてこともあるし、実現できていなくても「これを実現したい」というものがあれば、実現したフリをした言動をする、ということも、自分に暗示をかける、という意味では「あり」なのかもしれないな。
ま、それは「ウソ」というよりは「フェイク」なのだが。

周りに対しては、無駄に心拍数を上げない、クスッと笑わせる程度の嘘を一年に一度つき、自分に対しては、「こうありたい」姿をあたかも実現できてるかのごとく振る舞い、後から実態を伴わせるよう必死に努力する。そんな「ウソ」のつきかたなら、ありなのかもしれないな。ふとそんな事をおもった。

少なくとも、自分自身にはウソをついて、今より2~3歩前に前進している「ふり」をして、それを実現できるように自らを改善する努力を忘れてはいけない。自分にはそう言い聞かせよう。
[PR]