この家を選んだことを悔やむ数少ない日

山口県内は、未明から雪が降り始め、私が住んでいる周辺も、朝5時に起きた時点で路面は真っ白になっていた。

海抜100メートルのやや高いところにある我が家。しかも、東方、南方とも山が近くにあるため日が差さないから、一度降った雪がなかなか溶けない。一日雪の予報だったので、今日はクルマでの通勤を断念し、電車、バスを乗り継いでの出社となった。我が家の周辺の数百メートルだけが問題だったのだが。

Door to doorで1時間半。クルマ通勤の3倍かかる時間のうち、30分ほどは待ち時間。大都市と違って、公共交通機関の運転間隔が長い。クルマのありがたみが改めて分かった一日となった。

そして、基本的には不自由ない我が家も、こういう雪の時ばかりは「もうちょっと平地で、駅にも歩いて行かれる場所にすればよかった」と、ちょっとだけ思うのであった。(ちなみに現在の家から徳山駅まで歩くと45分かかる)

よほどの事情がない限り、転勤するまでは今の場所に住むつもりだが、万一当地に勤務しているうちに住み替える場合は、「駅へのアクセス」への評価度合いをちょっとだけ上げよう。
[PR]