最初の記念日

あいにくの雨模様となった10月30日。

そういえば、1年前の今日も同じような空模様だった。

前の晩、仕事を終えた私は荷物を入れ替えて京都に移動。一夜明けたこの日の午前中、あいにくの雨模様の中、京都の区役所に書類を持参した。

「京都にゆかりのある方ですか?」などと宿直の人にもったいつけられながらも書類を受理してもらい、紋付に着替えた後、一路上賀茂神社へ。確か台風接近の恐れもあったのだが、雨もあがり、薄日が差す中、夫婦の契りを交わしたのだった。

その日からちょうど1年。無事に最初の記念日を迎えることができた。

一緒になってくれてありがとう、という感謝の気持ち、そして、隣同士で歩いていて恥ずかしい思いをさせない自分でありたいという思い。この2つは変わらない。

喜怒哀楽を2人で分けあいながら、更に絆を深めていきたい。そんな気持ちで一杯である。
[PR]