まず真似ることから でもそれだけではダメ

最近聴き始めたPodcastで、経営指導に定評のある会社社長が語る番組がある。

豪快な笑いと共に語られる言葉に、ついつい聴き入ってしまうのだが、その中で印象に残ったのが「マネをすることが大事なんです」という一言だった。

話によれば、この社長さんの会社の経営計画も、他の会社のものを見て、自分たちにできることだけを抜き出したそうだ。

芸事でも、まずは師匠の型をそのまま真似ることから入る、と聞いたことがある。
そして、どうしてもマネのできない部分。それが「個性」だと。

マネることは、先人の知恵に学ぶことでもある。
しかし、学ぶのは、特定の一人だけからではない。
色々なものの真似の積み重ねから、他の人とは違う自分オリジナルのスタイルができる。

まだまだ学ぶ、いやマネることがいろいろある。
[PR]