初めてお世話になる

もう2週間近く前のことだが、自損事故(いわゆる「独り相撲」)をやってしまった。

仕事帰りに寄ったショッピングモールの駐車場からクルマを出すとき、同じタイミングで向かい側から出ようとしていたクルマがあり、先に出ようとあわててハンドルを切ったところ、助手席側のドアを柱にぶつけて凹ませたのだった。

走りには支障がなかったが、その週の土曜日にディーラーに行き、修理の見積もりをしてもらう。

車両保険まで確認し、ずいぶんと手厚いサポートが受けられる内容だったので、ディーラーのアドバイスに従い、保険を適用して修理することにした。

その間はレンタカーで代車を手配。その代金まで保険でカバーされているものだった。

保険会社とは事故の確認で2~3度電話があった程度。あとはディーラーが保険会社と調整をしてくれた。仕事でやってくれているとはいえ、非常に助かった。

今日、約10日ぶりに愛車が修理から戻ってきて、代車生活は終わりを迎えた。

今回の経験での気づき:
・代車で乗ったデミオの新モデル、ちょっとの狭さを我慢すれば乗り心地はよい。エンジンも静か。
・保険会社は、やはり保険金を出す対象を抑えようとする傾向があるようだ。丁寧な電話対応の裏にそんな気配も感じた。

いずれにしても、事故は起こすものではない。
退社してクルマを交換しに行こうとした帰り道、職場近くの交差点でクルマ3台が絡む追突事故が発生した。自分はこの当事者にはなるまい。そう決めて、スマートドライビングで帰宅したのだった。
[PR]