役者 徐々に揃う

連休に突入し、29日はよどこん、30日はなにコラの練習。
どちらも本番直前の最後の詰めである。

そして、識者は北海道でジュニア合唱団の客演講師をしているため欠席。

噂には聞いていたが、識者がいるときより効率的な練習だった。(笑)
こうして、識者不在のときにも練習を仕切れる人がいる(しかも複数)、しかも単なる下振りではなく、「自分ならこうする」という部分をさりげなく出せる、というのは、他団ではあまりない強みなのかも。

16日・17日の合宿で私が歌っていたソロも、徐々にしかるべき役者へと引き継がれている。自分が歌っていたときとの比較ができる、という意味では、良い勉強になる。東京へのレッスンも、これからそう何度も行かれなくなってくるから、こういう機会を何とか上手く活用して自分の歌を磨いていきたいと思う。

帰宅後、そのソロの件で識者にメールを入れたときの識者の返信はこうだった。
「こちらは○○(指導に行った合唱団の名前)の女の子たちに囲まれて幸せ。」
あーそうですか! それはよござんしたね!(ヤケ)

・・・と思う反面、無事に北海道に行かれて良かった、と素直に安心している。
識者のもう一つの職業は、大学の職員。そしてその勤務先の学生さんが、先日の尼崎でのJR宝塚線脱線衝突事故で2人犠牲になっており、その対応でドタバタしてたらしいので。
[PR]
by h-katopon | 2005-05-01 01:14 | 音楽