最後は「あなたに託したい」と思えるか

統一地方選挙後半戦で、当地・周南市では市長選が行われる。

4年前と同じ顔ぶれによる一騎打ちだが、大きな争点がある訳ではない。

しいて言えば、現職市長が掲げる徳山駅周辺の整備や道の駅構想を、推進するか、
それとも見直すか、といったところか。シャッター街と化した駅前に人を呼び戻すか
は軽視できない問題ではあるが、それをどう進めるのか、選挙公報を見ただけでは
よくわからない。

政治を託す人を選ぶ場合、「何をしようとするか」で決めるのは大事なこと。しかし、
それだけで決め手がない場合は「『あなたに託したい』と思えるかどうか」という、
漠然な判断基準に頼らざるを得ない。

その基準は、話している中身もさることながら、見た目の印象も気になるところで
ある。今回の選挙で、期日前投票を済ませた私が投票用紙に書いた名前も、結局
はそれで選んだものである。

服装、立ち振る舞い、言動・・・。そういったものをトータルで考えて「あなたになら
任せられる」と思える人に託すこと。

それは、決して選挙だけの話ではない。

先日、職場の面談で、その気付きを得る話をいただいたところである。

今は、残念に思われてしまう面もあるようだが、それを克服して信頼を置いて
いただける人になれるか。今年度の課題はそこに置こう。
[PR]