仕事にデジカメは必携

昨年から関わっているプロジェクトで、コンサルタント会社の方が必ずデジカメを持参するのを見て、最初は不思議だった。

それが、ホワイトボードに書かれたものを撮る目的だと聞き、「なるほど」と思い、自分も会議の時など、できる限りデジカメを持参するようになった。

もっとも、最近は携帯のカメラの解像度も高くなってるから、板書を撮るためなら携帯で事が足りる。

ところが、私の場合、「やはり、普段からカメラは持ち歩いた方がいい」と、今日改めて思った。

仕事の行き帰りに、ふと良い風景を見つけた時に撮るために、である。

今日は満月。

予報では明日まで降り続くことになっていた雨も昼には止み、仕事から上がる頃に、うっすらとした光を帯びて東の空に上がる月に出会った。残念ながらデジカメを持参しておらず、携帯カメラで撮ったものもイマイチのできだった。

やはり、明日からデジカメは必携だな。

シャッターチャンスを逃した代わりに、帰宅後、バルコニーから山の向こうに見える月をレンズにおさめた。
c0068901_22452222.jpg

[PR]