今年もベガに立ちます。

夏に宝塚市のベガホールで催される宝塚国際室内合唱コンクールの事前審査の結果が発表された、との連絡が寺漢のMLで届いた。

それによると、出演団体は次の通りとなった。

【ルネサンス・バロック部門】
あふみヴォーカルアンサンブル(滋賀)
合唱団senza Nome(新潟)
CCC仙台(宮城)
Men's Vocal Ensemble寺漢(広島)
女声アンサンブル桜組(東京)
Zephyrus Precis(山口)
安積合唱協会(福島)
TWILIGHT BELLS(大阪)

【近・現代部門】
Choir"Kivi"(リトアニア)
SEOCHO BAUMOE FEMALE CHOIR(韓国)
HAMAMATSU Chamber Choir(静岡)
女声合唱団 杏(石川)
コールONE(岐阜)
CCC仙台(宮城)
Men's Vocal Ensemble寺漢(広島)
浜田少年少女合唱団S&S(島根)
TWILIGHT BELLS(大阪)
愛知県高等学校(愛知)
Guinness Singers(大阪)
合唱団La・Lu・La(兵庫)

【フォークロア部門】
Bayannaoer Honggalu Chamber Chorus(モンゴル)
Choir"Kivi"(リトアニア)
合唱団senza Nome(新潟)
合唱団Basta Basta(兵庫)
CCC仙台(宮城)
ルシアス(埼玉)

【シアターピース部門】
和歌山児童合唱団(和歌山)
女声合唱団コール・カナリー(兵庫)
豊中少年少女合唱団(大阪)


寺漢は、2月の録音に向けた歌いこみが効いて、応募した2部門で予選を通過できた。
そのうち、近現代はGuinessとバッティング。指揮者に聞いたところ、「今年は構想外」ということではないようなので、寺漢とは同じ舞台で仲間、そして競争相手の両方になってしまう。

複雑な心境だが、どちらで出ても全力で歌うのみである。

どの団体も注目に値するのだが、その中で気になるのはCCC仙台。
先日の地震の後、全員がご無事でおられるとのことでまずはひと安心している。

今は歌っている場合じゃないという状況だろうが、どうか夏には素敵な音楽をベガホールに響かせてほしい。心からそう願っている。
[PR]