「今年の一字」に前向きな言葉を選べますように

2011年を表す一字の有力候補は、ここ一週間でかなり絞れてしまったように思える。

地震を表す「震」「揺」、または地震に付随して発生した原発での事故から「核」。そんなところだろうか。

私が選ぶなら、やはり今のところは「揺」になる。
地震の揺れ、日本の政権の揺らぎ、中東を中心とした、独裁体制の崩壊。そういったものを組み合わせて考えてのことである。

2011年の第1四半期はあと10日ほどで終了する。残りの3四半期(9か月)で、「今年を表す一字」に前向きな言葉を添えられるよう、精一杯生きていきたい。
[PR]