新幹線のダイヤ改正

今日、書店に並べられていた時刻表に、山陽新幹線と九州新幹線が繋がることに伴い改正されるダイヤが掲載されていた。

この件が発表されたときから、「みずほ」が全く停車しない我々山口県民にはあまり関係ないニュース、むしろ、これに伴い停車する列車の本数が減ったりして、却って改悪にならないだろうか。そちらの方が心配だった。

ざっと見たところ、徳山に停車する「のぞみ」の数は変わりなさそうである。
一瞬「増えたか?」と期待させられたが、それは臨時列車だった。

ひかりレールスターの停車本数も、そこそこ、といったところ。そのうちの1往復は「さくら」になっていたので、乗り換えなしで博多より先に行かれるチャンスは、ちょっぴり与えて頂けた模様だ。

今回のダイヤ改正が、私の移動手段に変化をもたらすことは、なさそうである。
東京・大阪への移動は、引き続いて新幹線のお世話になることにしよう。
東京行きなら、飛行機の選択肢もあるのだが、やはり、乗ろうにも、宇部までは少し遠い(クルマで1時間は堅い)。いったん福岡に出るとなると、間違いなく割高になるし。
[PR]