8年が経った

大学時代、同じゼミで過ごしていた同期が、突然の事故で天国に旅立ってから、先週末で8年が経った。

知らせは突然に、というのがこの種の連絡の常だが、ウイークデイに滅多に着信のない携帯が突然震えたと思ったらこの報だった。

あの事故がなければ、今頃は日本を背負ってたつ仕事を、それでもひょうひょうとこなしていただろうな。

8日に迎えた妹の誕生日(&命日)と併せ、9月は「あいつの分も生きる」という思いを新たにする月になっている。


そして、8年を迎えたことがもう一つある。

愛車との付き合いだ。

この8年間、私の喜怒哀楽を、ハンドルやペダルを通じて嫌と言うほど感じている我が愛車。走行距離は48,000km手前。年平均6,000kmしか乗っていない状況だが、大阪を離れてから走行距離が延びている。

今は生活の大事な足である。これからもよろしく頼むよ。
[PR]