突き刺さるほどに痛い一言

たまたま目にしたBlogで、出典不明ながら書かれていた一言が胸に突き刺さった。

『努力した者が勝利するのではない。勝利した者だけが努力をしたと評価されるのだ!』

そのBlogの著者は、筋ジストロフィーで首から下の機能を失いながらも会社を経営している父から、「頭から血~出るほど考えろ!!」と、言われていたそうだ。

結果が出ないからとさっさと諦めるのではなく、勝つ(結果が出る)ための手段を、これでもか、と必死に考えに考え抜いてみろ、ということだろう。

思えば、結果を出すための努力が、いつしか努力している自分に酔い、実はその努力は不足なために結果が全く伴わない、という残念な経験を何度もしてきた。

「頭から血~出るほど考えろ!!」がそのままタイトルになった本が出版されている。
脳から血~でるほど考えろ!!


生ぬるくなった自分に喝を入れられた。そんな心持で読み進んだ一冊である。
[PR]