孤島脱出の感

すぐ目の前が瀬戸内海国立公園のエリアになってしまう、という今の私の住まい。

転勤当初に持ってきたauの携帯が、家でも「圏外」になる、という理由で、DoCoMoへの鞍替えを余儀なくされた、という実績もあり、「人口カバー率90何パーセント」に入らない「残りの数パーセント」に位置されることもざらである。

外出時のデータ通信端末として使っていた、イーモバイル(D02HW)も、引っ越し当初は赤いランプ(電波が通じない)が悲しく光っていた。そもそも光市自体が、サービスエリアに入っていなかったのだ。

それが、先ごろ、状況が変わった。

先週末、何気なくチェックしていたイーモバイルの公式サイトで、私の住むエリアがサービスエリアにぎりぎりかかるようになったのだ。早速、つなげてみたら、やや不安定ながら接続ができたのだ。

これを好機、とみて、念のためにと契約していたDoCoMoのデータカードは解約。ついでにイーモバイルの端末も、ちょうど契約して2年が経っていたので、無線LANルータとしても使えるD25HWに変更。さすがに繋がりにくいときもあるが、外出時のネット接続ツールとしては、重宝する一品である。

通信環境における陸の孤島から、ようやく脱出できたような気分である。
[PR]