そういえば

いつ頃からか、ヴァレンタイン・ディが、「女性から男性へ」という日ではない、という意識が私の中に植えつけられている。

日本以外の国、こと欧米においては、男女どちらからでも、愛する人にカードを送ったりする習慣がある、と聞いたことがあり、それを意識した、ということもあるし、かつて親しくしていた人の中に2月14日生まれの人がいた、ということもある。

そういう行動に出る日本人は少ないようで、ヴァレンタイン用の詰め合わせを私が買おうとすると、決まって不思議そうな目で店員に見られてしまう。それが困りものだ。

女性が男性にチョコレートを、というのは、確か日本のお菓子メーカーが考えたことでしかないのにねぇ・・・。
[PR]