とにかく、第一歩を踏み出すこと

言われれば「そんなのわかってるよ」と言い返したくなるのが表題の一言である。

しかし、実際にはできていないことの方が多い、というのが自らの行動から得た反省である。

せっかくのチャンスなのに、ついつい、自分で制約条件をつけてみたりしてブレーキをかけ、そのチャンスを逃してしまう。そして、そのかけたブレーキは、客観的な目を持って見直すと、実はあっさり取りはらうことができるものであったりする。

やらずに後悔するよりは、やって後悔する方が数段ましである。

そんな姿勢を、忘れずに持っておかねばならない。

もし、自分でブレーキをかけてしまいそうになるときは、もう一歩進んで「では、どうしたらそのブレーキを取り払えるか?それも、周りの状況変化を待つことではなく、自らの行動によって」まで思考せねばならないだろう。

最近の友人との話から得た気づきである。大事なことを思い起こさせてくれた。多謝。
[PR]