最後の一年を迎え

歳を重ねるごとに早く感じるようになった時の流れ

気づけば 不惑まであと一年となってしまった

三十代最後の一年だからといって 特別気負いも焦りもない

この点が 二十代最後の一年との大きな違い

自らに対しては 厳しく律し

人に対しては 太陽のような暖かさと明るさで包み込むように接する

淡々と できることを積み重ねていく

私がやっていくのは それだけである
[PR]