終わっての心境はいつもと同じ

合唱団ある 第23回定期演奏会
1,000名近くのお客様に支えられて無事に終了しました。

来てくださった方、日頃から支えてくださった方に心から御礼申し上げます。


歌い終わって、今思うのは、「終わったことを素直に喜びたい」こと、そして「次はもっといい歌を歌いたい」ということ。ここ最近、舞台を降りた時に感じているのは、決まってこの2つ。どうも納得はするのだが満足できるものではない。

この思いが強すぎると、過剰な現状不満足思考となり、却ってよくないのだろうが、自分に厳しくしなくとも、もっとできたことがいっぱいある。

自分自身がもっと上手くなり、かかわっていく合唱団にもきちんと貢献できる。その実現に向けた努力を、また積み重ねていかねばならない。

次の出番は、1週間後の広島での中学校の芸術鑑賞。今日と曲が重なることもあり、反省し、復習したことがきちんと生きてくる。合唱に関心を持ってくれる子を一人でも多く作れるよう、歌い手としての努力を怠ってはならない。
[PR]
by h-katopon | 2009-06-21 00:53 | 音楽